無料ブログはココログ

« 「あかべぇ」と呼ぶのか? | トップページ | 正丸峠 »

2009.10.31

これでも埼玉県道?(第5回:埼玉県道331号吉田太田部譲原線)

またも埼玉県道のネタを。(爆)

今回は埼玉県道331号吉田太田部譲原線。
埼玉県と群馬県の境にある神流湖を周回する道路の一部である。
神流湖の北の群馬県側は国道462号線で、湖沿いを通るためかカーブの多い道とはなっているが、2車線と比較的走りやすい道となっている。

しかし、対岸の埼玉県側は、下の写真のように対向車すれ違い困難な道が・・・。

R3311


R3313


こんな狭い道でも、「ここは県道だ!!」と強調するかのような、ヘキサがちゃんと立っているのが・・・。

R3312

途中何か所か2車線の道はあるものの、その距離も非常に短く、2車線に入ったかと思えばすぐに1車線になる。
この道を通るには、対向車が来ないことを祈るしかないであろう。
実際にこの道を車で走ったが、運良く狭隘区間で対向車に遭遇することはなかった。
対向車と遭遇したら、運が悪かったと思うしかないであろう。(おい)

ちなみに、児玉郡神川町(旧神泉村)城峯公園への分岐点から秩父市(旧吉田町)吉田太田部集落への分岐点までの区間が、このような狭隘区間が殆ど。
沿線の途中は、心霊スポットで有名だという「琴平橋」へ分岐する道がある。

埼玉県の県道の中でも、最も「険道」と呼ぶに相応しい(?)県道かもしれないと、Shaneとしては思っている。

« 「あかべぇ」と呼ぶのか? | トップページ | 正丸峠 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7502/46633729

この記事へのトラックバック一覧です: これでも埼玉県道?(第5回:埼玉県道331号吉田太田部譲原線):

« 「あかべぇ」と呼ぶのか? | トップページ | 正丸峠 »