無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009.12.31

2000年代も早10年に・・・

今日で2009年も終わり。
2000年代に入ってから、早10年経とうとしている。

10年前の1999年は、「西暦2000年(Y2K)問題」の対応で、仕事では何かとバタバタしていた。
2000年の仕事初めは、会社でも特にY2K問題に遭遇することもなく、無事に2000年の仕事を迎えられたことを、今でもよく記憶している。
・・・あれからもう10年経ったのかと、その時を懐しく思ってしまう。

とりあえず、今年の当ブログの最後の書き込みということで・・・。

2009.12.30

仕事納め

Shaneにとって今日で今年2009年の仕事が終わった。

今年は新たなプロジェクトで何かと激務に追われてしまった1年間だったような気がする。

仕事終了後、やるだけのことはやったという達成感と自己満足に浸ってしまった。

明日からの大晦日&三賀日は、仕事のことを一切忘れて、のんびりと過ごしたいところである。

今年もあと25時間10分程。2010年へのカウントダウンは、もう既に始まっている。

2009.12.28

新聞に・・・

2009年の終わりまで、今日を含めてあと4日。
1年があっという間に経ってしまうのが、本当に早い!!
もう既に休みに入った人も多いことかと思うが、今年のShaneにとっては大晦日と三賀日の4日しか休みがない!!
もう既に休みに入った人がいることを思うと、Shaneにとっては羨ましい限りである。(爆)

ところで、先週の金曜日に書くネタだったのかもしれないが、12/25の読売新聞に「ドコモ『iコンシェル』のマチキャラとして使える全国のご当地キャラ登場」の広告が、新聞一面いっぱいに宣伝されていた。
その中に、会津のあの赤いキャラがいた・・・。

Akabee091225

これもたまたま見つけただけなのであったのだが・・・。

#「『iコンシェル』って何?」という方のために、下のリンクを参照。
 実は、Shaneはiモードユーザでないため、「iコンシェル」はよく知らない。(。_゚☆\ ベキバキ

iコンシェルとは・・・

2009.12.27

久々にコンタクトレンズを・・・

先週日曜日(12/20)、このブログに眼鏡を久々に買い替えたこと書いた。

今日はさらにコンタクトレンズを作りに、先週訪れた同じ地元の某眼鏡チェーン店へ出向いた。(爆)

Shaneとしては、コンタクトレンズは初めてではなく、7年程前までは普段着けていたのだ。
12年近く装着していのだが、単に面倒くさくなって着けたり着けなかったりの日々が続き、気が付いたら眼鏡の毎日に・・・。
それが今に至ってきている。

しかし、先週眼鏡を買い替えたことを機に「ついでに作ってしまえ!!」と思ってしまたことと、少ないボーナスが入ったこともあり(おい)、「金をつぎ込めるのは今しかない!!」という更なる衝動に駆られてしまったことがあった。(自爆)
また、年明けからの新たな案件をやっつけるためにも、リフレッシュした気分で臨みたいという想い。
さらに、会社内の他の者から見た今までの自分のイメージチェンジ。
そんな想いが、今のShaneとしてはあるのだ。

今日、約7年ぶりにテスト用のコンタクトレンズを装着。レンズの装着方法、外す方法は当然わかっているので何の問題もなかったが、さすがに装着しているときは目の中はゴロゴロした変な感覚。
出来上がってから2週間はリハビリ期間になりそうである。

2009.12.23

ひこにゃんストラップ

昨日の大阪出張の帰りに、新大阪駅構内のお土産屋見つけた「ひこにゃん」のマスコットストラップ。
新大阪駅のお土産屋でも売っているとは、思ってもいなかったので、迷わずに購入してしまった。(爆)

Hikonyan

日帰り出張

今日は大阪へ出張。今回は観光する時間がなく、仕事と接待で終わってしまった。(爆)

自宅に帰り着いたのが夜中の1時半近く。久々に体力的に疲れた。
日帰り出張はやはりきついと、改めて感じてしまった。

下の写真は、新大阪駅で乗り換えた大阪市営地下鉄御堂筋線の列車である。

Midosujiline

2009.12.21

リフレッシュにならなかったが・・・

昨日眼鏡を買い替え、今日からリフレッシュな気持ちで仕事をしようと思っていたもの、相変わらずの激務のため、リフレッシュどころかまたもストレスの溜まる一日となってしまった。(爆)
年末年始を挟んで、あと1カ月は落ち着かない状況である。

しかし、明日も仕事とはいうものの、Shaneとしては約1年5カ月ぶりに大阪へ出張。
出張というだけでも、半分遊びに行った気分にもなれる。(おい)
普段社内での仕事が殆どの今のShaneにとって、出張は貴重な時間である。(おいおい)

・・・ただ、残念なことに、明後日祝日に大阪観光ができない日帰りである。
明後日は家の用事があるためなのだ。(; ;)ホロホロ


ちなみに下の写真は、1年5カ月前に訪れた道頓堀名物の・・・。

Dotonbori080723

個人的には、これぞまさに道頓堀って感じ。

明日は朝早いので、これを書いたらもう寝る・・・。(おい)

2009.12.20

これもリフレッシュなのか・・・

Glass

10数年ぶりに眼鏡を買い替え。
買い替えるとなんとなく気分もリフレッシュされる。
明日からの仕事も、気分新たにやっていけるような気も・・・。(本当か?)

2009.12.15

頭が大きいからか・・・

Akabeecushion

今年8月末に会津へ訪れたときに購入した「あかべぇクッション」。
以前このブログでもアップした「のほほん族」と同じように、個人的な和みツールとなっている。(爆)

しかし、頭が大きすぎて、支えが無いと立てないというのがなんとも・・・。(^^;;;

そういえば、会津若松の鶴ヶ城のすぐそばにある「鶴ヶ城会館」の入口に、デカいあかべぇがいた。

Jumboakabee

この「会津ジャンボあかべぇ」も、自ら立てないらしい。(。_゚☆\ ベキバキ

しかし、これも見ているだけでも不思議に和んでしまう・・・。(自爆)

2009.12.13

鷲宮神社

11月23日に車で栃木市内へ出かけ、その時に撮影した巴波川の写真をアップした。
しかしその前に、途中寄り道していた場所があった。
その場所は鷲宮神社。
埼玉県北葛飾郡鷲宮町にある神社で、関東最古の大社といわれている。

Washinomiyajinja1

この鷲宮神社、わかる人にはわかるのだが、一昨年2007年4月から9月までの間、テレビで放映されたアニメ「らき☆すた」の舞台にもなった神社。
登場人物の柊かがみ&つかさの双子姉妹が住んでいる神社として設定された、「鷹宮神社」のモデルとなった神社なのである。
上の写真のアングルは、まさにオープニングとほぼ同じ角度から撮影したものである。

また、その脇にある建物は「大酉茶屋わしのみや」で、らき☆すたのキャラをモチーフにした(?)メニューが揃えられている。

Otoridyaya

鳥居をくぐり中を進むと、名物らしい(おい)らき☆すたのキャラを描いた絵馬が飾られている。

Washinomiyajinja2

これを見るために、遠方のファンがわざわざ鷲宮神社まで足を運んでくるのだとか・・・。(爆)

この鷲宮神社、去年(2008年)の初詣の参拝客が、「らき☆すた」効果でいつもの年の3倍以上に膨れ上がり、埼玉県内でも第3位の参拝客を誇ったそうな。(ちなみに1位は大宮の氷川神社、2位は川越の喜多院。)

また、鷲宮町自体が「らき☆すた」で町おこしを起こしており、東武伊勢崎線鷲宮駅周辺の商店には、写真のような幟を掲げていたりしている。

Luckystarflag

「どこまでこの町おこしが続くのかどうか・・・」と、個人的にはちょっと思っていたりもしているが・・・。(謎爆)

2009.12.06

これでも埼玉県道?(第7回:埼玉県道331号吉田太田部譲原線:その2)

10月31日に「埼玉県道331号吉田太田部譲原線」の話題をアップしたが、YouTubeに神流湖を周回した車の動画があった。
狭隘区間のスタートは2:44あたりから。あの道の狭さがもっと伝わるのではないかと・・・。(本当か?)


サッカー南アW杯 各グループの予想

今日もサッカー南アフリカW杯の話題。
昨日は日本が入ったグループEの個人的な見解を書いたが、今日はすべてのグループについて、決勝トーナメント進出を果たす上位2チームがどこになるのかを予想してみる。

グループA:南アフリカ・メキシコ・ウルグアイ・フランス
  →決勝トーナメント進出予想:メキシコ、フランス

グループB:アルゼンチン・ナイジェリア・韓国・ギリシャ
  →決勝トーナメント進出予想:アルゼンチン、ナイジェリア

グループC:イングランド・アメリカ・アルジェリア・スロベニア
  →決勝トーナメント進出予想:イングランド、アメリカ

グループD:ドイツ・オーストラリア・セルビア・ガーナ
  →決勝トーナメント進出予想:ドイツ、セルビア

グループE:オランダ・デンマーク・日本・カメルーン
  →決勝トーナメント進出予想:オランダ、日本(奇跡を信じて・・・(おい))

グループF:イタリア・パラグアイ・ニュージーランド・スロバキア
  →決勝トーナメント進出予想:イタリア、パラグアイ

グループG:ブラジル・北朝鮮・コートジボワール・ポルトガル
  →決勝トーナメント進出予想:ブラジル、ポルトガル

グループH:スペイン・スイス・ホンジュラス・チリ
  →決勝トーナメント進出予想:スペイン、チリ


予想の理由はあえて書かないのであしからず。(書いたら長くなりそうなので・・・(爆))
ただ、1つだけ書こうと思う。

過去のW杯では、日本も含めた過去の開催国のすべてが決勝トーナメント進出を成し遂げている。
今回開催国の南アフリカ、グループAの組合せをみる限り、正直決勝トーナメント進出は厳しいというのが、個人的な印象である。
地の利を生かして、いかに相手を圧倒させるかが、決勝トーナメント進出へのポイントか?
W杯史上初の開催国グループリーグ敗退も、もしかしたら出てくるのではないか?と個人的には思っているが・・・。

2009.12.05

サッカー南アW杯 日本の対戦相手が決まったが・・・

今日は午後2時過ぎまで爆睡。
というのも、昨夜テレビでサッカーW杯南アフリカ大会の組合せ抽選会を観ていたためだ。

もうすでに、テレビ・新聞等でも報道されているが、日本はグループEに入り、オランダ・デンマーク・カメルーンとの同じ組みとなった。

正直この組み合わせ、日本が決勝トーナメント進出を果たすには、かなり厳しいグループだといのが個人的な印象である。

初戦の日本の相手はカメルーン。
スピードと身体能力の高さではカメルーンの方が日本よりもはるかに上。
いかに日本がカメルーンから勝点3を取れるかがその後の展開のポイントになるかと。

2戦目はオランダ。
正直、日本がオランダに勝てるという気がしない。良くても引き分けかと。(爆)

3戦目のデンマーク。
デンマークは「?」ってところ。
ただ、デンマークは欧州予選でポルトガル、スウェーデンと同組となりながらも、予選1位でW杯出場を果たしたというのだから、正直侮れない。

しかし、組合せが決まってしまったからには、日本としてはもうやるしかないかと・・・。
2002年の日韓共催以外では1勝もしていないという事実。自国開催以外の1勝を正直願いたいところである。

2009.12.04

サッカー南アW杯 日本はどことあたるのか・・・(抽選会前)

来年開催されるサッカー南アフリカW杯の組み合わせ抽選会まで、残りあと2時間半を切った。
日本がグループリーグでどの国と対戦するのかが、大変楽しみである。

抽選前のポット分けを見ると、ポット4にフランスとポルトガルがいる。(日本はポット2)
ポット1に入っている南アフリカ以外の国と、フランス・ポルトガルいずれかと同じグループに入ってしまうと、W杯ベスト4を目指す日本にとっては、まさにきついものとなるであろう。
ベスト4を目指すからには、グループリーグを2位以上で通過しなければならない。
2敗したところでグループリーグ敗退は決まり。最低でも1勝2分でいかないと、決勝トーナメントへの道はないかと・・・。
ただ、いずれかとの対戦を見てみたいのも本音である。

2009.12.01

埼玉県道走行レポ(埼玉県道279号両神小鹿野線)

ちょうど1週間前、3連休中に秩父方面へ山道ドライブしたことを書き込んだが、その時にアップした写真の道についてレポートとして書き込もうと思う。

先週アップした写真の道は、埼玉県道279号両神小鹿野線の一部である。
両神山登山口の日向大谷口の手前を起点とし、埼玉県道37号皆野両神荒川線と合流したあと国道299号線交点までに至る小鹿野町内を通る県道であるが、今回は逆方向に向かってレポートしていく。

下は、県道37号から分岐する県道279号の入口。右に分岐する道が県道279号。

R27901

この道に入ると、約1.5車線くらいの道が約1km程続く。
その後、2車線区間の比較的快適な道となる。

R27902

しかし5km程走ると、突然1車線区間の道に遭遇する。

R27903

R27904

1車線区間の入口から道が左にカーブしており、また見通しも悪いため、対向車の有無を確認するのは結構きつい。
また、この先どこまで1車線の道が続くのか、不安にもなりそうな入口である。

R27905

なんとなく心細くなりそうな雰囲気がなんとも・・・。

1.5km程(?)進むと、再び1.5~2車線区間の道に入った。
しかし、ホッとするのも束の間、すぐにまた1車線区間の見通しの悪い道に入る。

R27906

先週アップした写真の道も、この1車線区間の途中の道でもある。
退避所と呼ぶには程遠いが、対向車と遭遇した時の退避できる場所は、何か所か存在はしている。
ただ、対向車と遭遇した場所によっては、どちらかが退避できる場所まで長いバックを余儀なくされてしまうであろう。
ちなみに、この1車線区間は民家が点在しており、沿道の途中には小さな商店が1件あった。

しばらく1車線区間を走ると、林道と分岐する場所に遭遇。

R27907

どうやらこの地点が、県道279号の起点のようである。
確かに先へ進む道の入口には、林道を示す緑標識が立っている。

この林道をまっすぐ進むと、両神山への登山口でもある日向大谷口へ到達する。

R27908

写真でもわかるとおり、この場所には日向大谷口バス停がある。
小鹿野町役場からこの日向大谷口までを、1日6往復小鹿野町営バスが運行しているのだ。
しかし、あの狭い荒れた道をバスが走るのだというのだから凄い。

来た道を戻る途中、たまたまそのバスとすれ違った。
とっさに撮った写真がこれ。

R27909

・・・かなり厳しいが、辛うじてバスの後姿は撮れたようだ。(^^;;;
あのバスは、ちょうど上から3、4枚目の写真の1車線区間の入口に突入しようとするところである。
もし自分があの区間を、あと数分脱出から遅れていたことを考えると・・・・・・、ん~~~~~想像もしたくない。(激爆)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »