無料ブログはココログ

« 埼玉県道走行レポ(第3回:埼玉県道11号熊谷小川秩父線&定峰峠:後編) | トップページ | 「らき☆すた」特別住民票 なんと・・・ »

2010.03.22

これでも埼玉県道?(第9回:埼玉県道83号熊谷館林線)

久々に「これでも埼玉県道?」ネタを。約2ヶ月半ぶりである。
昨日定峰峠を越えて熊谷へ向かったついでに、ネタとなるであろう道があったので。

それは、埼玉県道83号熊谷館林線。
埼玉県熊谷市本町の国道17号との交点から、群馬県館林市青柳町の国道122号との交点を終点とする、埼玉県道かつ群馬県道である。
しかしこの県道83号、起点から終点まで1本の道路で結ばれていないのである。
それは、埼玉県と群馬県の境にある「利根川」。橋がかかっていないため、現状分断された県道となっているのである。(爆)
起点から終点へ向かっていくと、やがて熊谷市葛和田あたりで利根川土手(堤防)が目の前に立ちはだかる。

下は、土手(堤防)を越えた、利根川河川敷から撮った写真。

R831

さらに先へ進むと、目の前はすぐに利根川が。

R832

利根川を背にして・・・。

R833

埼玉県側はここで道が寸断される。道幅はほぼ1車線に等しい。
どう見ても、河川敷に無理矢理作ったとしか思えない道であるが、これでも地図を見る限りでは、立派な埼玉県道のようである。(爆)

ただ、道はつながっていないものの、この地点からは赤岩渡船による渡し舟によって対岸の群馬県邑楽郡千代田町側に渡ることは可能である。
渡し舟なので、当然車で渡ることはできないが、自転車、原付バイクは載せてもOKらしい。

最後に利根川の風景でも・・・。

Toneriv

風の強い日ではあったのだが、ウィンドサーフィンを楽しんでいる者が結構多かった。

« 埼玉県道走行レポ(第3回:埼玉県道11号熊谷小川秩父線&定峰峠:後編) | トップページ | 「らき☆すた」特別住民票 なんと・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7502/47878660

この記事へのトラックバック一覧です: これでも埼玉県道?(第9回:埼玉県道83号熊谷館林線):

« 埼玉県道走行レポ(第3回:埼玉県道11号熊谷小川秩父線&定峰峠:後編) | トップページ | 「らき☆すた」特別住民票 なんと・・・ »