無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010.03.30

懐かしの埼玉県ご当地ソング(?) さいたまんぞう「なぜか埼玉」

YouTubeでこんな動画を見つけてしまった。
埼玉県の観光名所・名産・名物等が、あの懐かしの歌「なぜか埼玉」にのせて展開されている。

さいたまんぞう・・・、懐かしすぎる。(爆)

2010.03.28

定峰峠の走行動画があったので・・・

1週間前に当ブログに定峰峠の走行レポをアップしたが、定峰峠の走行動画がYouTubeにあったため、その動画を・・・。

下は前編。秩父から定峰峠頂上直前までの動画。

次に後編。定峰峠頂上に到達し、その後の峠を下る動画。


選抜高校野球 花咲徳栄後半の追い上げも・・・

82回目を数えた春の選抜高校野球。雨で2日続けて順延となり、やっと今日で大会6日目に突入した。
その間、某高校の監督の試合後インタビューでの不適切発言で何かと話題にもなった。

今日の第2試合から2回戦に突入。
Shaneの地元埼玉県から出場している花咲徳栄高校が、福井県の敦賀気比高校と激突。
結果は・・・、

敦賀気比が8強進出 花咲徳栄を振り切る=センバツ高校野球

やはり、前半の6失点が大きく響いた。
後半は追い上げを見せて8回に1点差までに詰め寄ったのだが・・・。
9回に1点取られたのが、やはり大きかったか。
最終回無死1・2塁でのバント作戦は、はっきり言って大失敗。
なんで4番打者にバントさせるのか、結果的にアウトになってでも、思い切ってヒッティングにいってほしかったものである。

2010.03.25

JR巣鴨駅が・・・

Shaneの通勤途中の乗り換え駅である、JR山手線の巣鴨駅が今日生まれ変わった。

Atreviesugamo1

なんと駅ビルになったのである!!

この駅ビル全体は、アトレが経営している「アトレヴィ巣鴨」となっている。今日の午前10時にオープンしたのだ。

Atreviesugamo3

夕方6時なる前だったかもしれないが、やはり入口は客で結構混んでいた。(爆)

2010.03.24

「らき☆すた」特別住民票 なんと・・・

アニメ「らき☆すた」の舞台のモデルにもなった「鷲宮神社」がある埼玉県北葛飾郡鷲宮町が、昨日を持って閉町し、今日から新「久喜市」となった。

先週3/15にこのブログで、鷲宮町で頒布した「らき☆すた」の特別住民票が7500枚近くも売れ残っていた話を書きこんだが、その後はなんと・・・、

鷲宮「町卒業式」  特別住民票完売

まさか完売するとは・・・。(^^;;;
しかも、閉町前日だけの売り上げで、約141万円(約4700枚×300円)のようで・・・。(^^;;;;;

実は先週金曜日の3/19、在庫処分に協力するため(おい)、行田を訪れる前に当時(といっても昨日までだが)の鷲宮町役場へ出向き、特別住民票を3枚購入しに行ったのだ。(爆)
少しは協力できたのではないかと、Shaneとしては思っている。

特に完売できてよかったと思っているのは、旧鷲宮町の関係者であったであろう。

2010.03.22

これでも埼玉県道?(第9回:埼玉県道83号熊谷館林線)

久々に「これでも埼玉県道?」ネタを。約2ヶ月半ぶりである。
昨日定峰峠を越えて熊谷へ向かったついでに、ネタとなるであろう道があったので。

それは、埼玉県道83号熊谷館林線。
埼玉県熊谷市本町の国道17号との交点から、群馬県館林市青柳町の国道122号との交点を終点とする、埼玉県道かつ群馬県道である。
しかしこの県道83号、起点から終点まで1本の道路で結ばれていないのである。
それは、埼玉県と群馬県の境にある「利根川」。橋がかかっていないため、現状分断された県道となっているのである。(爆)
起点から終点へ向かっていくと、やがて熊谷市葛和田あたりで利根川土手(堤防)が目の前に立ちはだかる。

下は、土手(堤防)を越えた、利根川河川敷から撮った写真。

R831

さらに先へ進むと、目の前はすぐに利根川が。

R832

利根川を背にして・・・。

R833

埼玉県側はここで道が寸断される。道幅はほぼ1車線に等しい。
どう見ても、河川敷に無理矢理作ったとしか思えない道であるが、これでも地図を見る限りでは、立派な埼玉県道のようである。(爆)

ただ、道はつながっていないものの、この地点からは赤岩渡船による渡し舟によって対岸の群馬県邑楽郡千代田町側に渡ることは可能である。
渡し舟なので、当然車で渡ることはできないが、自転車、原付バイクは載せてもOKらしい。

最後に利根川の風景でも・・・。

Toneriv

風の強い日ではあったのだが、ウィンドサーフィンを楽しんでいる者が結構多かった。

埼玉県道走行レポ(第3回:埼玉県道11号熊谷小川秩父線&定峰峠:後編)

昨日の続き。
定峰峠を下り、比企郡小川町を経由し、熊谷市内の国道407号線に出るまでの写真をアップする。

まずは、定峰峠頂上から小川町方面に向かう下り坂。ここから秩父郡東秩父村に入る。

R1112

次に、下り道の途中で撮影。

R116

秩父市側の定峰峠の入口から定峰峠頂上までの道は平均1.5車線程の道であったが、反対側は概ね2車線(たまに1.5車線程の道も現れる)と、比較的走りやすい道となっている。

下は、定峰峠入口のカーブ。

R117

ちなみに、この定峰峠入口のカーブから定峰峠頂上までの区間は、漫画「頭文字D」の舞台にもなった道である。

また、このカーブの道のすぐ傍に、「白石車庫」バス停がある。

R118

東武東上線小川町駅からこの白石車庫までをバスで結んでいる。
ただ、白石車庫に来るバスの1日の本数は、平日7本、土日祝日9本と少なく・・・。(爆)

ここから小川町・熊谷市方面へ向けて道がほぼ平坦になるが、少しの間1.8車線程の道が続き、その後2車線の快適な道となる。
下は東秩父村内にて撮った写真。

R119

そして、その下は小川町内の某コンビニ沿いから撮った写真。

R1110

その後は運転休憩を取らず、一気に熊谷市街へ。
最後は熊谷市内の国道407号線と合流した荒川手前の写真。
県道11号は、しばらくこの国道407号と重複し、国道17号と合流したところで終りとなる。

R1111

2010.03.21

選抜高校野球 花咲徳栄2回戦進出

本日2つ目の書き込み。

今日、82回目の春の選抜高校野球が開幕した。

開幕当日の第2試合から、Shaneの地元埼玉県の加須市にある花咲徳栄高校が、沖縄県の嘉手納高校と対戦。

終わってみると・・・、

花咲徳栄・五明が2安打完封 嘉手納を破る=センバツ高校野球

なんと、完封勝ち!!

この勢いで、7年前に初出場だったベスト8以上を狙ってほしいものである。

次の対戦相手は、今日の第1試合で天理高校(奈良)を破った敦賀気比高校(福井)である。

埼玉県道走行レポ(第3回:埼玉県道11号熊谷小川秩父線&定峰峠:前編)

昨夜からの暴風がおさまらず、今日もほぼ一日強風の続いた日であった。
しかし強風の中、先週の白石峠に続き、今日また埼玉県内の峠道を車で走った。(爆)

・・・というわけで先週に続き、今回も埼玉県道レポ。今回は前編・後編の2回に分けさせてもらう。

今回は、埼玉県道11号熊谷小川秩父線。
熊谷市本石二丁目交差点(国道17号交点・熊谷市万吉交差点まで国道407号と重複)から、比企郡小川町を経由し、秩父市上野町交差点(国道140号交点・秩父郡横瀬町坂氷交差点から国道299号と重複)へ至る、全長約48Kmの埼玉県内で一番長い県道。
その県道にある峠が、秩父郡東秩父村と秩父市の境にある「定峰峠」。
先週のリベンジ(?)ということもあり、国道299号の横瀬町から熊谷方面へ向けて車を走らせた。

まずは、秩父市内の某コンビニ沿いから撮った写真。

R111

目の前に山が立ちはだかる。

しばらく2車線(たまに1.5車線道も出現)の道が続くが、やがて山間部にさしかかると、道が狭くなる。(爆)

R112

↓登りということもあってか、このヘアピンカーブは結構きつい印象が・・・。

R113

この辺りまでは民家が存在しているようだ。(本当か?)

その後は、ひたすら定峰峠まで登りが続く。

定峰峠までの幅員は平均1.5車線程という印象。広い道があっても、1.8車線程かと思う。センターラインは殆ど無い。(爆)

そして、目的地の「定峰峠」に。
下は、Shaneがいつも運転休憩で寄っている「峠の茶屋」。

R114

いつも(?)このお店で「みそおでん」を買って食べている。(3本1セット300円)
今回もおやつということで・・・。(おい)

下は、たまたま店の入口前にいたので、思わず・・・。(爆)

R115

首縦振りバージョンの「のほほん族」である。(^^;;;

その後、定峰峠から熊谷方面へ向けて車を走らせたが、その続きは次回に。

2010.03.20

行田市のご当地グルメキャラ

行田市内に行田市のご当地グルメである「ゼリーフライ」と「フライ」をモチーフにしたキャラクターが存在している。
その名は「ごぜにちゃん」と「フラべぇ」!!

行田市/こんにちは!『こぜにちゃん』『フラべぇ』です

「フラべぇ」は今朝アップしたフライのお店「ことぶきや」の入口上部の看板(?)に描かれている。

ちなみに、「ごぜにちゃん」「フラべぇ」共に、埼玉県のゆるキャラ軍団「ゆる玉応援団」の一員である。(^^;

また、昨日アップしたさきたま古墳群を世界遺産にとPRしている「ニニギン」と「コノハちゃん」も、ゆる玉応援団の一員である。(^^;;;

しかし、行田市内だけで4体もいるとは・・・。(爆)

ゆる玉応援団 埼玉県公式観光サイト ちょこたび埼玉

行田市のご当地グルメ(フライ&ゼリーフライ)

昨日、行田市内の「さきたま古墳公園」へ行ったついでに、行田のご当地グルメ「フライ」と「ゼリーフライ」を食べた。

まずは、公園すぐ傍にある「ことぶきや」で「フライ」を。

Kotobukiya

Fry

行田の「フライ」は揚げ物ではなく焼き物なのである。
見た目はお好み焼きにも見えるかもしれない。
ねぎ、肉、卵などの具がたくさん入っており、表面はソースで味付け。
注文した「フライ」は半径30cm程(?)はあったかもしれない。結構ボリュームがあった。
これで350円は安い!!

つぎに、これもまた公園すぐ傍にある「さかもと」で「ゼリーフライ」を。

Sakamoto

Zerifry

見た目はコロッケのように見えるかもしれない。
しかし、コロッケと違うのは、多くのおからを使用しているところ。
他にジャガイモ、ねぎ、にんじん等の野菜がこの1つに詰まっている。
1個80円はこれもまたお手軽な値段!!おやつとしては最適な価格である。

ちなみに、「ゼリーフライ」の名の由来は、小判形であることから「銭フライ」と言われていたものの、「銭」がなまって「ゼリーフライ」になったそうな。

2010.03.19

さきたま古墳公園へ

1月下旬に9連休を取得してからはいつもの激務が続き、Shaneとしては今週になってからやや仕事に落ち着きが出てきた。
そのため、昨日から休暇を取得した。
取得したとは言うものの、土日を絡めた最低4連休を取得しなければならない事情があったからだ。(謎爆)
昨年4月から、思いもかけない案件が飛び込み、連続休暇を取得できるタイミングがなかなか無かった。
やっと年度末近くになって、連続休暇を消化することができたのである。(爆)

昨日はほぼ一日爆睡状態。
爆睡の日々が続くのはもったいないので(おい)、今日は気晴らしに埼玉県内のどこかへ出かけようとマイカーを走らせた。

どこへ行ったかという、行田市内にある「さきたま古墳公園」。
9年程前にも行ったことがあったのだが、その時に何を見たのかの記憶が薄れていたのだ。(自爆)
少し思い出すためにも、久々に訪れてみた。

まずは、駐車場入口の看板。

Sakitamakofun1

ややピンボケになってしまった。orz

どうやら、「さきたま古墳群」は世界遺産登録を目指して、行田市で「世界遺産サポーターの会」を立ち上げたようだ。
その看板に描かれているキャラクターは、古事記にも登場しているらしい(おい)「ニニギノミコト」と「コノハナサクヤヒメ」をモデルにした「ニニギン」と「コノハちゃん」。「世界遺産サポーターの会」を立ち上げたと同時に生まれたキャラクターなんだそうな。(^^;

てことで、次は「さきたま古墳公園」内の写真でも。

Sakitamakofun2

下は「稲荷山古墳」。
埼玉県内第2位の大きさを誇る前方後円墳である。(すぐそばにある「二子山古墳」が前方後円墳では埼玉県内1位)

Inariyamakofun

この稲荷山古墳から国宝である「金錯銘鉄剣」が出土されたという。

下は、「将軍山古墳展示館」の入口。

Shogunyamakofun

「将軍山古墳」の後円部を展示館として公開している。
残されていた横穴式石室、出土した遺物を復原模型として展示している。

下は、公園内にある「埼玉県立さきたま史跡の博物館」。

Sakitamashisekimuseum

この博物館内に、稲荷山古墳から出土された国宝「金錯銘鉄剣」が展示されている。

ちなみに、さきたま古墳公園内には、稲荷山古墳、将軍山古墳以外に8つの古墳が存在している。
今回はアップしないが、稲荷山古墳の隣にある「丸墓山古墳」は、日本最大の円墳である。

そして、次は行田市のご当地グルメを・・・。
と思ったが、次回に・・・。(。_゚ ☆\ベキバキ

2010.03.15

「らき☆すた」特別住民票 閉町記念も売れ残りが・・・

ちょうど1カ月前の2/15、当ブログに「らき☆すた」特別住民票を購入した話題を書き込んだ。

鷲宮町が新「久喜市」となる3/23まであと8日となってしまったが、どうやら「らき☆すた」特別住民票が7500枚近くも売れ残っているそうな。(爆)

「らきすた」住民票の売り方

「3万枚限定」だということを、鷲宮神社を訪れたあとに知ったのだが、確かに今思うとあまりにも多過ぎ。
鷲宮町現地でないと手に入れることができないという戦略も、結果的に裏目だったようだ。

残り7日間、どれだけ売りさばくことができるのか・・・。

2010.03.14

白石峠の走行動画があったので・・・

白石峠までの走行レポをアップしたばかりではあるが、さっそく白石峠の走行動画を見つけてしまったので・・・。(爆)
Shaneとしては、改めて白石峠までの道の狭さが伝わってくるものである。

埼玉県道走行レポ(第2回:埼玉県道172号大野東松山線&白石峠)

このブログでは第2回目の埼玉県道走行レポ。
今回は、白石峠へ至る埼玉県道172号大野東松山線の走行レポをアップする。

埼玉県道172号大野東松山線は、埼玉県比企郡ときがわ町大字大野の白石峠から、東松山市大字上唐子に至る全長約20.5kmの県道。
今回は、明覚駅入口から白石峠まで起点に向かってレポート形式でアップする。

まずは、明覚駅入口交差点から白石峠方面へ向けて撮った写真。

R1721

せっかくなので、明覚駅の駅舎も。(おい)

Myokakust

明覚駅はJR八高線の駅。
1997年に第1回「関東の駅百選」に認定された駅である。ログハウス風なところが特徴かと。

その後、白石峠へ向けて撮った写真を順番に。
下は、ときがわ町西平交差点手前約500m(?)のところ。この辺りはまだ2車線と走りやすい道。

R1722

そして、その下は白石峠入口約1km程手前(?)の道。

R1724

ところどころ約1.5車線の道が現れてくる。

そして、白石峠への入口。

R1725

ここから白石峠までは約6.5Km程である。
しかし、埼玉県道ではありながらも、ここから道が狭くなる。(爆)

R1726

R1727

カーブが連続しているため、正直言って見通しは非常に悪い。
また、幅員も1.5~1.2車線程で、その半分近くは1.2車線程という印象である。
さらに、白石峠へ向けた上り坂は、峠手前3Km程からきつくなるかと思う。

そして、白石峠に到着。
下は、県道172号の起点。ここからひたすら峠道を下り、やがて東松山方面へ出る。

R1728

久々に白石峠に着いた記念に・・・。(おい)

Shiraishipass1

本当なら、このあと、白石峠から定峰峠へ向けて「林道奈田良線」を通る予定であったのだが・・・、

Shiraishipass2

積雪のため通行止め・・・。orz
数日前に埼玉県内に降った雪の影響だったのだろう。そこまではまったくShaneの計算に入れていなかった。(自爆)
その先を実際に確かめてみたが、全然除雪されていなかった。
正直危ないので断念し(おいおい)、そのまま来た道を戻って東松山へ向かった。

ただ、通行止めを無視してその林道を通った車が1台・・・。
正直、かなりのチャレンジャーである。(爆)

2010.03.10

雪・・・その後の朝

昨日の続き。
今朝、会社へ向けて自宅を出た朝6:20近く、自宅のすぐ傍にある畑が、白一色の雪で覆われていた。
まあ、予想通りではあったのだが・・・。

Snow100310

帰宅したときには、雪はもうすっかり溶けていた。(爆)

2010.03.09

埼玉県のゆるキャラ軍団

本日2つ目の書き込み。

Shaneの地元埼玉県にも、ご当地キャラが存在しているが、埼玉県内にゆるキャラ軍団が存在していたことを、今日先程初めて知った。

その名は、「ゆる玉応援団」!!

埼玉県公式観光サイト ちょこたび埼玉

やはり、埼玉県の県鳥「シラコバト」をモチーフにした「コバトン」が軍団の団長らしい。(^^;;;

雪・・・

今年の埼玉は、例年になく(?)よく雪が降る。

今日、仕事を終えた19時少し前にShaneが勤めている都内の会社を出た時、雪が降っていたが、積もってはいなかった。
電車を乗り継いで、自宅最寄駅にたどりつくと、駅前は雪が積もっていた。
ただ、積もっていたとは言っても・・・、

Snow100309

この程度である。(爆)

雪国に住んでいる者からすれば、全然大したことないであろう。
しかし、Shaneも含めた雪に慣れていない首都圏民にとっては、非常に困るものである。
足を滑らせて怪我を負う者も多いかと思う。(実際、Shaneの母親がそのために右腕を骨折してしまった。(爆))
さらに、首都圏の交通機関は、滅法大雪に弱い。2、30cm積もっただけで、交通機関が麻痺するのだから・・・。(爆)

明日の朝は止むようだが(本当か?)、明日の朝の自宅から駅までの道はアイスバーン状態となっているのかもしれない。気をつけなければ・・・。

2010.03.06

JR予讃線鬼無駅で撮った写真でも・・・

今回も、1月下旬のマイカーでの旅で撮った写真をアップする。

今回は、高松から高知へ移動する際に訪れた「鬼無駅」で撮った写真を。

鬼無駅は香川県高松市内にあるJR予讃線の無人駅で、高松駅から2つ目にある駅である。
鬼無駅周辺の鬼無は「桃太郎伝説」の発祥の地のひとつとされているそうで、鬼がいないといわれている(?)街なんだそうな。

ということで、まずは鬼無駅の駅舎。

Kinashist2

次は、駅名板。

Kinashist3

「鬼無桃太郎」駅と別の名称が付けられているようだ。(^^;

下は、ホームから坂出方面へ向かって撮った写真。

Kinashist4

下は、上りホームを通過する「しまんと」号。

Kinashist5

エル特急の中の1つではあるが、気動車である。(^^;

そして最後に、ハドソンから2002年に寄贈されたという「桃太郎電鉄」のキャラ石像。
Shaneにとってこれを見るのが、鬼無駅を訪れた大きな目的だった。(爆)

Kinashist6

Kinashist7

Kinashist8

ちなみに、千葉県銚子市内にある銚子電鉄沿線の3つの駅に、「貧乏が去る」像、「貧乏をトリ」像、「貧乏がイヌ」像の3体が置かれている。

2010.03.03

与島パーキングエリアで撮った写真でも・・・

2週間以上ぶりの書き込み。またも公私ともに激務状態が・・・。(謎爆)

もう1カ月以上経ってしまったが、今回も1月下旬のマイカーでの旅行で撮った写真でも・・・。

今回は、1/25に姫路から高松への移動で渡った瀬戸大橋の途中にある「与島パーキングエリア(以下「与島PA」)」で撮った写真をアップする。

「与島PA」は、瀬戸内海に浮かぶ塩飽(しわく)七島の「与島」(香川県坂出市)に存在するPA。
姫路から高松へ移動する前夜の下調べで、初めてそのPAの存在を知ったこともあり(自爆)、車の運転休憩も兼ねて降り立つことと前日に決めた次第である。

まずは、与島PA施設の「与島プラザ」。

Yoshimapa01_2

逆光のためか、天気がやや悪かったためか、暗い映りになってしまった・・・。orz

このPA施設内のお土産屋には、四国4県の名産物が数多く取り揃えられている。

次は、与島プラザ展望台から撮った写真。

Yoshimapa02

休日ともなれば、この駐車場は車で一杯になるのであろう。(本当か?)

橋は上下2段の構成になっている。上段が瀬戸中央自動車道、下段がJR瀬戸大橋線である。
1時間程このPAにいたのだが、その間JR瀬戸大橋線の列車は上下とも思っていた以上に行き来していた。列車が通過する音が何度聞こえてきたことか。

次は、与島プラザ展望台からの瀬戸内海の眺め。

Setonaikai02_2

これまた逆光のため・・・。(自爆)

下は、与島PA内にある記念碑。

Yoshimapa03

最後に、与島PAから望む瀬戸大橋。

Setobr02

Setobr03

今思うと、「与島PA」は首都圏でいう「海ほたるPA」みたいなものなのかも・・・。(-_-;)ホントカ・・・オイ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »