無料ブログはココログ

« 会津旅行記(第9回:JR只見線会津柳津駅&福満虚空蔵尊圓蔵寺) | トップページ | 会津旅行記(第11回:鶴ヶ城会館・本丸茶屋・鶴ヶ城) »

2010.05.15

会津旅行記(第10回:JR只見線会津坂下駅&春日八郎像)

気が付いたら、会津旅行記はもう10回に・・・。(爆)

柳津町内のJR会津柳津駅と福満虚空蔵尊圓蔵寺を訪れたあと、車で会津若松市内へ向かった。
会津若松へ向かう途中に少しだけ寄った場所、それはJR只見線会津坂下駅。なぜかまた駅である。(爆)

会津坂下の「坂下」は「さかした」と読むのではなく、「ばんげ」と読む。
さすがにこれはShaneも最初は読めなかった。殆どの人は絶対最初は「さかした」と読むであろう。

下は、会津坂下駅の駅舎。

Aizubangest1

この会津坂下駅、JR只見線の中の駅でも数少ない有人駅である。
前回アップしたJR只見線会津柳津駅と同様、2002年に東北の駅百選に選定された駅とのこと。

下は、会津坂下駅内の窓口。窓口には、8頭のあかべぇが・・・。(おい)

Aizubangest4

下は、改札口から撮影した会津坂下駅のホーム。

Aizubangest5

下は、歩道橋から会津坂下駅構内を撮影。

Aizubangest2

下は、歩道橋を渡り、駅入口の反対側から撮影。

Aizubangest3

ちなみに会津坂下駅のある会津坂下町は、今は亡き演歌歌手故春日八郎氏の故郷。
会津坂下町の名誉町民で、会津坂下駅前には故春日八郎氏のブロンズ像が建立されており、また銅像の脇には「赤いランプの終列車」の歌碑も建立されている。

Hachirokasuga2

Shane自身、生前の春日八郎氏が歌っている姿をテレビで見た記憶が殆ど無い。(自爆)
ただ、名曲「お富さん」を同氏が歌っていたことは、Shaneの両親から聞いてはいた。
約20年前近くになるが、テレビのものまね番組でタレントの清水アキラ氏が、顔面にセロテープを貼り付けて同氏のものまねをし、「お富さん」を歌って爆笑させた記憶が今でも残っている。
Shaneとしては、その時の印象が強い。(爆)

この会津坂下駅には約15分程滞在。
そして、会津若松市内へ戻ることに。

下は、会津坂下から会津若松へ向かう途中で撮影した風景。前方左には磐梯山が見える。

Drivingtoaizuwakamatsu

« 会津旅行記(第9回:JR只見線会津柳津駅&福満虚空蔵尊圓蔵寺) | トップページ | 会津旅行記(第11回:鶴ヶ城会館・本丸茶屋・鶴ヶ城) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7502/48365530

この記事へのトラックバック一覧です: 会津旅行記(第10回:JR只見線会津坂下駅&春日八郎像):

« 会津旅行記(第9回:JR只見線会津柳津駅&福満虚空蔵尊圓蔵寺) | トップページ | 会津旅行記(第11回:鶴ヶ城会館・本丸茶屋・鶴ヶ城) »