無料ブログはココログ

« 会津旅行記(第11回:鶴ヶ城会館・本丸茶屋・鶴ヶ城) | トップページ | 3年も経とうとするとは・・・(都電荒川線レトロ車両) »

2010.05.17

会津旅行記(第12回:2日目の夜に・・・)

会津旅行記の12回目。

17時15分頃、鶴ヶ城から会津若松市内の某ホテルへチェックインし、その後部屋でゆっくりとくつろいでいた。

前日の夜、理由あって夜の会津若松市内を散歩できなかったこともあったため(謎爆)、夜20時過ぎに某ホテルから外出した。

今回は、その時に撮った写真でも・・・。

まずは、七日町通りにある「渋川問屋」。

Shibukawatonya

入口だけライトアップされてはいたが・・・。(^^;

次に、JR只見線七日町駅の駅舎。

Nanukamachist

モダンな駅舎である。

たまたま七日町駅を訪れた時は、数分後に会津若松行き列車がやってくる頃であった。
140円で切符を購入し、会津若松駅へ向かうことに。

乗車した列車は会津鉄道の列車。
車内には芦ノ牧温泉駅名誉駅長「ばす」の広告が貼られていた。

Aizutetsudotrain1

この時の乗客数は、Shaneを含めてたったの3人。(激爆)

わずか2,3分で会津若松駅5番線に到着。
乗車した列車は、1両編成の野口英世博士の新千円札発行記念列車であった。

Aizutetsudotrain2

その後、「あいづライナー」がやってくるのを待ち・・・、

Aizuliner

「あいづライナー」を撮影。(爆)

そして、前日に続き、再びライブカメラの下の位置から撮影。(更爆)

Aizuwakamatsust5

この時の1番線(右)の719系あかべぇ電車は、21:00発の各駅停車郡山行き。この列車をもって、磐越西線上り郡山方面の列車は終りとなる。
また、この郡山行き最終列車が出発するのと同時に、2番線(左)の「あいづライナー」も車庫に向かって動き出す。
会津若松駅ライブカメラの映像で、何度もその光景をShaneは見てきたが、今回は初めてShaneの目でこの位置から同時発車を見ることができた。
この時は、ほぼ完璧な同時発車であった。

そして、夜の会津若松駅の駅舎。

Aizuwakamatsust4

その後は、ゆっくり歩いて宿泊先の某ホテルへ戻った。ホテルに戻ったのは夜9時半頃である。

« 会津旅行記(第11回:鶴ヶ城会館・本丸茶屋・鶴ヶ城) | トップページ | 3年も経とうとするとは・・・(都電荒川線レトロ車両) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7502/48386959

この記事へのトラックバック一覧です: 会津旅行記(第12回:2日目の夜に・・・):

« 会津旅行記(第11回:鶴ヶ城会館・本丸茶屋・鶴ヶ城) | トップページ | 3年も経とうとするとは・・・(都電荒川線レトロ車両) »