無料ブログはココログ

« 3年も経とうとするとは・・・(都電荒川線レトロ車両) | トップページ | 会津旅行記(番外編:会津で見つけたあかべぇ) »

2010.05.22

会津旅行記(最終回:あいづライナー&會津藩校日新館)

マイカーでの会津の旅行記、今回で最終回。

最終3日目の5/4の朝8:45過ぎ、2日続けて宿泊した某ホテルを出発し、またもJR会津若松駅へ。
入場券を購入し、またも・・・、

Aizuliner2

Aizuliner3

「あいづライナー」を撮影。(爆)

9:11定刻通りに出発。郡山へ向けて去っていった。

その後、駅構内の「銘品館」でまたもお土産を購入。
会社へのお土産のため、かなり金を使ってしまったが・・・。(自爆)

会津若松駅を去り、その後車で向かった先は、市街地からやや離れた「會津藩校日新館」(以下「日新館」)。
戊辰戦争で活躍した白虎隊士をはじめ、数多くの人材が学んだ会津藩の藩校である。
白虎隊ゆかりの鶴ヶ城、飯盛山へは何度か訪れてはいるものの、日新館はまだ訪れたことがなかったのである。

日新館の入口へ向かう途中、いきなり目にしたのは「什の掟」。会津精神の基礎となったものである。

Nisshinkan2

ならぬことはならぬものです。(爆)

下は、日新館の入口。

Nisshinkan3

下は、水練場。日本初の当時のプールなんだそうな。

Nisshinkan4

館内で、弓道や赤べこ絵付けなどを体験することができる。

Nisshinkan5

Nisshinkan6

下は、天文台から望む磐梯山。

Nisshinkan7

曇りがちなせいもあってか・・・。orz

下は、日新館出口に建つお土産屋。

Nisshinkan8

この店で、「什の掟」の書かれた手ぬぐいを購入してしまった。(爆)

この日新館には約1時間半程滞在。
この日新館の観光にて、今回の会津旅行は終了。

帰りは、来た道をそのまま車で走り、約7時間かけて自宅へ帰還した。

« 3年も経とうとするとは・・・(都電荒川線レトロ車両) | トップページ | 会津旅行記(番外編:会津で見つけたあかべぇ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7502/48394785

この記事へのトラックバック一覧です: 会津旅行記(最終回:あいづライナー&會津藩校日新館):

« 3年も経とうとするとは・・・(都電荒川線レトロ車両) | トップページ | 会津旅行記(番外編:会津で見つけたあかべぇ) »