無料ブログはココログ

« サッカー日本代表コートジボワール戦 2試合続けてオウンゴール | トップページ | サッカー南アW杯 いよいよ開幕試合が »

2010.06.06

埼玉県道走行レポ(第5回:埼玉県道395号南川上名栗線)

4月25日以来の埼玉県道走行レポ。今回で5回目。

今回は、埼玉県道395号南川上名栗線。
飯能市南川の国道299号との交点を起点とし、同市(旧入間郡名栗村)上名栗の県道53号青梅秩父線との交点を終点とした、飯能市内を通る全長約7Km程の県道である。

この県道395号、地図を見る限りでは、西武秩父線西吾野駅周辺から上名栗地区へ抜ける近道となっている。
しかし、全般的に道幅が狭く、また「天目指(あまめざす)峠」を越える道となっているため、見通しの悪いカーブが多く存在している。

そんな県道395号を、今日約3年ぶりに車で走らせた。(爆)

下は、国道299号から県道395号へ分岐する交差点。信号は無い。

R3951

国道299号を左折し、県道395号へ入ると・・・、

R3952

いきなりセンターラインの無い道。しかも、すぐに道幅が狭くなる。(爆)

この起点から上久通林道との分岐点までは、平均1.5車線程の印象。
ところどころに対向車すれ違い困難な狭隘区間も現れる。

R3953

下は、上久通林道との分岐点手前から撮影。

R3954

この地点から県道395号はヘアピンカーブを描いており、その後天目指峠へ向けて登り道が続く。

ヘアピンカーブに入ると、1.5~1.2車線程の道が続く。

R3955

下は、天目指峠に到着した記念に撮影。

R3956

そして、天目指峠を過ぎると下り道に。しかし、狭い道は続く。

R3957

そして、やがて沿道に民家が現れてくる。
民家が現れた先には、喫茶&ギャラリー「名栗の杜」が有る。

R3958

そして、県道53号との交点に達する。

R3959

下は、県道53号から県道395号へ分岐する交差点。右へ分岐する道が県道395号である。
しかし、終点も信号は無い。

R39510

ちなみに、起点から終点まで、信号は1つも存在していない。(爆)

また沿道には、県道を示すヘキサも1本も立っていない。(更爆)
あえてあげるとすれば、県道53号との交差点に立っている、この入口の標識くらいか・・・。

R39511

かつて、この県道395号に、バスが走っていたんだそうな。
正直、バスが通っていたとは思えない道である。

« サッカー日本代表コートジボワール戦 2試合続けてオウンゴール | トップページ | サッカー南アW杯 いよいよ開幕試合が »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7502/48558030

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉県道走行レポ(第5回:埼玉県道395号南川上名栗線):

« サッカー日本代表コートジボワール戦 2試合続けてオウンゴール | トップページ | サッカー南アW杯 いよいよ開幕試合が »