無料ブログはココログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010.06.30

サッカー南アW杯 日本VSパラグアイ戦 PK戦の末・・・

2大会ぶりに決勝トーナメント1回戦に挑んだサッカー日本代表。
ベスト8進出を目指して、今日パラグアイと対戦。

延長でも決着がつかず、今大会初のPK戦にまでもつれ込んだ。

しかし、結果は・・・、

日本8強ならず…パラグアイにPKで敗れる

なんとも残念な結末であった。

試合全体的には、日本はパラグアイにかなりボールを支配されていた。
ゴール前での危ない場面も何度おとずれたことか。大変ヒヤヒヤさせられた。

延長でも決着が付かなかったのは、いかに日本がパラグアイを相手に攻めきれず、決定的なチャンスをものにできなかった結果である。

PK戦での敗戦、Shaneとしては正直言って大変悔やまれる。
しかし、日本も堅守速攻のパラグアイを相手に、120分間よく戦い頑張ったと思う。

結果的に、今大会日本代表が掲げた目標のベスト4は、夢で終わった。
しかし、この試合を教訓に、4年後のブラジルW杯に出場して、更に上を目指してほしいものである。

2010.06.29

サッカー南アW杯 オランダVSスロバキア戦観戦中 のほほん族も・・・

現在サッカー南アフリカW杯決勝トーナメント1回戦、オランダVSスロバキア戦をTVにて観戦中。

Worldcupnohohonzoku

のほほん族の2匹(?)も、首を振りながらサッカーW杯に夢中のようで・・・。(。_゚☆\ ベキバキ
どうやらのほほん族2匹(?)は、オランダもスロバキアもどちらも同じ色のユニフォームでないためか、どちらが勝ってもいいようで・・・。(。_゚☆\ ベキバキ(。_゚☆\ ベキバキ

現在後半13分経過で、1-0でオランダがリード。このままオランダが逃げ切るのか、わからない試合内容。(^^;
前大会優勝のイタリアを破ったスロバキアは敗れるのか?(-_-;)ホントカ・・・オイ

2010.06.28

サッカー南アW杯 ドイツVSイングランド戦 出てしまった大誤審

昨夜、あまりにも眠かったため、夜10時半には眠りについてしまった。(自爆)

昨日のサッカー南アフリカW杯決勝トーナメント1回戦ドイツVSイングランド戦、4-1でドイツが完勝したが・・・、

誤審!ランパード幻ゴール、イングランド不運

先程テレビのニュースでそのシーンを見たが、明らかにゴールを割っていた。
ついに出てしまった、今大会の大誤審!!

本当ならば、1点リードされていたイングランドにとって、2-2と同点となっていた展開。
その後の試合の流れも変わっていたのではないかと。
イングランドにとっては、悔やんでも悔やみきれない敗戦である。

2010.06.26

サッカー南アW杯 決勝トーナメント進出予想と結果の比較

サッカー南アフリカW杯、昨日でグループリーグの全48試合が終了し、今日から決勝トーナメントが行われる。

ところで、昨年12月6日、当ブログにサッカー南アフリカW杯の各グループごとの決勝トーナメント進出予想をアップした。
そのときのShaneの予想と結果を比べてみる。


>グループA:南アフリカ・メキシコ・ウルグアイ・フランス
>  →決勝トーナメント進出予想:メキシコ、フランス

 →結果:ウルグアイ、メキシコ

フランスのグループリーグ敗退は、正直言って予想外。
フランスのチーム内の不協和音が影響していたことが大きい。
開催国の南アフリカは、予想通りの結果となってしまった。(爆)


>グループB:アルゼンチン・ナイジェリア・韓国・ギリシャ
>  →決勝トーナメント進出予想:アルゼンチン、ナイジェリア

 →結果:アルゼンチン、韓国

正直、韓国が上がってくるとは思わなかった。(おい)


>グループC:イングランド・アメリカ・アルジェリア・スロベニア
>  →決勝トーナメント進出予想:イングランド、アメリカ

 →結果:アメリカ、イングランド

イングランドは苦戦を強いられたが、結果的には予想通りに。


>グループD:ドイツ・オーストラリア・セルビア・ガーナ
>  →決勝トーナメント進出予想:ドイツ、セルビア

 →結果:ドイツ、ガーナ

正直、このグループは予想しにくかった。
ガーナはやはり強かったか・・・。(おい)


>グループE:オランダ・デンマーク・日本・カメルーン
>  →決勝トーナメント進出予想:オランダ、日本(奇跡を信じて・・・(おい))

 →結果:オランダ、日本

予想通りとなった。
日本の決勝トーナメント進出は、奇跡ではなかった。(爆)


>グループF:イタリア・パラグアイ・ニュージーランド・スロバキア
>  →決勝トーナメント進出予想:イタリア、パラグアイ

 →結果:パラグアイ、スロバキア

イタリアのグループリーグ敗退は、予想外の中の予想外。(爆)


>グループG:ブラジル・北朝鮮・コートジボワール・ポルトガル
>  →決勝トーナメント進出予想:ブラジル、ポルトガル

 →結果:ブラジル、ポルトガル

今大会屈指の「死のグループ」と呼ばれたグループG。
コートジボワールがグループリーグで敗退し、予想通りの結果となった。


>グループH:スペイン・スイス・ホンジュラス・チリ
>  →決勝トーナメント進出予想:スペイン、チリ

 →結果:スペイン、チリ

スペインの初戦敗戦の波乱があったが、結果的にこれも予想通り。

2010.06.25

サッカー南アW杯 なんとイタリアが・・・(苦戦の欧州強豪勢)

こんな結果になろうとは・・・、

王者イタリアまさかのビリ!1次L敗退…

本当にワールドカップは何が起こるかわからないと、改めて思えた次第である。(爆)

しかし、今大会のヨーロッパの強豪勢は、グループリーグで苦戦を強いられている。
イングランドとドイツは辛うじて決勝トーナメントに進出したが、フランスはチーム内の不協和音の影響もあってグループA最下位で敗退。
それに続いて、イタリアもグループリーグ敗退だ。
グループHのスペインも、決勝トーナメント進出が危うい状況である。(本当か?)

サッカー南アW杯 日本決勝トーナメント進出!!

今日は深夜3時起き。さすがに起きるのが辛かった。

40分程前に日本VSデンマーク戦が終わった。
結果は・・・、

日本、3ゴール快勝!2度目の決勝T進出

オランダも勝ったため、日本のこの勝利で、グループEの2位が確定。
日本が決勝トーナメント進出を決めた。

デンマーク相手に3点も取ったのは、正直予想以上。
しかも、フリーキックが2本も決まるとは。

何はともあれ、日本が最低限の決勝トーナメント進出の目標はクリアした。

次の決勝トーナメントの相手はグループF1位のパラグアイ。
日本が堅守のパラグアイ相手にどんな試合をするのか、大変楽しみである。

2010.06.23

サッカー南アW杯 南アフリカ決勝T進出ならず フランスも敗退

今回のサッカーW杯開催国の南アフリカ、フランスに2-1と辛勝も、決勝トーナメント進出は果たせない結果となった。
やはり、2戦目のウルグアイ戦での3失点での敗戦が、大きく響いたか。

開催国がグループリーグで敗退したのは、W杯史上初!!

ついに、現実となってしまった。(爆)

また、今大会のフランスはまったく振るわなかった。
フランスのグループリーグでの敗退は、Shaneにとっては正直予想外。
チーム内で内紛があったことも影響してか、今日の試合を見ていても、内容的にはいまいちであった。
前回のドイツ大会で準優勝したのが、嘘かのような試合である。(爆)

フランス敗退!ウルグアイとメキシコが通過

2010.06.22

サッカー南アW杯 チリVSスイス戦 その後・・・

終わってみると・・・、

チリ逃げ切り2連勝!スイスは退場者出す

そのままチリが1点を守りきり、勝点6でグループHの暫定1位に。

チリの試合を初めて観たが、攻撃力は思っていた以上にかなり強烈という印象。
南米予選を2位で勝ち抜いてきただけのことはあると、改めてその力を感じさせられた。

スイスは前半半ばから1人少ない10人での戦いを強いられたが、それでもチリの猛攻をしのぎ、最少失点で留めたのは凄いと思う。

サッカー南アW杯 スイス連続無失点時間記録更新!! しかし・・・

現在、テレビでグループHチリVSスイス戦を観戦中。

後半24分を経過した時点で、スペインが記録していた連続550分無失点の記録を抜いた!!

しかし、その6分後の後半30分、チリに先制点を許した。

鉄壁の守備を誇るスイス、チリに敗れてしまうのか・・・。

2010.06.21

サッカー南アW杯 ポルトガルVS北朝鮮戦 強すぎたのか弱すぎたのか・・・

グループGのポルトガルVS北朝鮮戦をテレビで後半から見ていた。
終わってみれば・・・、

ポルトガル7点!ようやく目覚めた攻撃陣

正直、この結果は想像以上。
というか、あまりにも力の差がありすぎたとしか言えない試合内容。

しかし、ポルトガルが強すぎたのか、北朝鮮が弱すぎたのか・・・。
さあ、どっちだ!?

後半ポルトガルが7点目を決めてからは、8年前の日韓W杯ドイツVSサウジアラビア戦を思い出させる8-0のスコアを期待してしまった。(爆)
しかし、ポルトガルが8点目を決める時間はなかった。(おい)

2010.06.20

これでも埼玉県道?(第11回:埼玉県道76号鴻巣川島線)

約3週間ぶりの「これでも埼玉県道?」ネタ。今回で11回目。

今回は、埼玉県道76号鴻巣川島線。
鴻巣市箕田の国道17号との交点を起点とし、比企郡川島町伊草の国道254号との交点を終点とした、全長17Km弱の埼玉県の主要地方道である。

この県道76号、主要地方道とは名ばかりの狭隘区間が、比企郡吉見町古名・古名新田あたりに存在している。

吉見町の古名交差点から鴻巣方面へ30m程進み、信号の無い1つ目の交差点を左折すると・・・。

R761

いきなり1.2車線程の道となる。(爆)

更に先へ進んでも、狭い道。

R762

途中、荒川堤防へ向かい右折するが(案内標識なし(爆))、その交差点に下の看板が設置されている。

R763

設置された看板の地点から荒川堤防に向かうと・・・、

R764

田圃の中を通る完全1車線の狭い道。(爆)

更に、荒川堤防に近づいても・・・、

R765

そして、荒川堤防上も・・・、

R766

道が狭い。(爆)

この荒川堤防を鴻巣方面へ向けて進むと、埼玉県道271号今泉東松山線との交点手前で幅員約2m(?)のゲートが現れる。

地図を見ても確かに1本の道で結ばれた県道となってはいるが、このような道が途中に存在しているため、ほぼ事実上分断された県道となってしまっているのではないかと思っているが・・・。(おい)

実際この道を訪れたとき、荒川堤防へ向けて走っていた車は1台もなかった。(爆)

2010.06.19

サッカー南アW杯 日本VSオランダ戦 想定内の結果(爆)

サッカー南アフリカワールドカップ、今日日本は優勝候補のオランダと対戦。
結果は・・・、

日本、オランダに敗れる 勝ち点3のまま

正直、Shaneとしては想定内の結果であった。勝てる気がしないと思っていたのだから。(爆)

しかし、日本はオランダに敗れたものの、オランダ相手に大量失点せず、最少の1失点で抑えたのは良かったかと思う。

前半、オランダにボールを支配されていた場面がかなり多かったが、日本の守備は1戦目のカメルーン戦と同じ程よく機能していた。
ただ、カメルーン戦とは違い、シュート数をオランダよりも上回っていた。

後半、オランダに1点取られてからは、日本は怒涛の(?)攻撃を展開した。
この後半の日本の攻撃は、3戦目のデンマーク戦につながる攻撃でははないかと思う。

3戦目のデンマーク戦、勝利を期待するしかない。

2010.06.17

サッカー南アW杯 南アフリカ崖っぷちに・・・

開催国の南アフリカ、2戦目のウルグアイ戦は・・・、

ウルグアイ、3-0で南アフリカに快勝!

完敗だ。(爆)

南アフリカは、これで崖っぷちの状態。

次の対戦相手はフランス。南アフリカがフランスに勝つのは、かなり厳しいかと、Shaneとしては思っている。

初の開催国グループリーグ敗退も、夢ではなく現実になりそうである。(爆)

サッカー南アW杯 スペインまさかの初戦敗戦

・・・正直、予想外の結果。

沈黙の無敵艦隊…スペイン、スイスに敗れる!

圧倒的にスペインがボールを支配していたが、スイスが堅守で凌ぎ、対スペイン戦初勝利を飾った。

欧州王者のスペイン、今回のW杯の優勝候補とあげられているだけに、この敗戦は痛いであろう。
初戦を落としたチーム(国)は、90%近くの確率でグループリーグ敗退というジンクスがあるようで、スペインにとってはやや厳しい状況になってしまったか・・・。(本当か?)

サッカー南アW杯 スペインVSスイス戦観戦中 あかべぇも・・・

日が変わってしまったが、現在サッカー南アフリカW杯スペインVSスイス戦をTVにて観戦中。

Worldcupakabee

あかべぇも、サッカーW杯に夢中のようで・・・。(。_゚☆\ ベキバキ
どうやらあかべぇは、同じ赤色のユニフォームのスペインを応援しているようで・・・。(。_゚☆\ ベキバキ(。_゚☆\ ベキバキ

現在後半15分経過で、1-0でスイスがリード。前半スペインに攻め込まれていたのに。(^^;
「無敵艦隊」スペインは敗れるのか?(-_-;)ホントカ・・・オイ

2010.06.15

サッカー南アW杯 日本代表、カメルーンに辛勝

4年ぶりにW杯の舞台に立った日本代表。
初戦のカメルーン戦、結果は・・・、

日本代表、カメルーンに勝利!本田が千金弾

前半はお互いに守りを固めていたこともあってか、いまいち面白みに欠けていたような気がしたが、日本が1点取ってからは、「もしかして・・・」とわずかな勝利への期待が膨れ上がる。

後半は大変ヒヤヒヤさせられた。終始カメルーンに押されっぱなし。危ない場面が、何度訪れたことか。
終了間際のロスタイム4分も、大変長く感じた。

何はともあれ、今日日本が初戦で勝点3をゲットできたのは、かなり大きい。

・・・しかし、次の対戦相手は強豪のオランダ。
今日のような試合をしていては、最低限の引き分けも難しいのではないかと。
今でも、日本がオランダに勝てるという気がしていないが(爆)、最低でも引き分けで終えてもらいたいのが正直なところである。
決勝トーナメント進出に、大きく近づくためにも・・・。

2010.06.13

東京都内を街歩き

今日ではないのだが、昨日会社の同僚達と、東京都内を街歩きした。
JR巣鴨駅をスタートし、旧古河庭園、谷根千地区、上野公園、アメ横を経由し、秋葉原まで歩いた。
多分、10km程は歩いたのではないかと思う。(本当か?)

今回は、その時に撮った写真でも・・・。

まずは、旧古河庭園。

Furukawateien1

Furukawateien2

次は、谷中銀座。土曜日ということもあってか、観光客(?)で大変混んでいた。(爆)

Yanakaginza1

Yanakaginza2

下は、谷中銀座内の「肉のすずき」。メンチカツが名物の店である。

Yanakaginza3

メンチカツは1個200円。ビールのつまみには最適な価格である。(おい)

下は、谷中霊園内にある第15代将軍徳川慶喜公墓所。

Yanakareien

下は、上野公園内の不忍池。Shaneとしては、約22年ぶりである。

Shinobazunoike

一面、蓮だらけではあったが・・・。(おい)

そして最後は、アニメイト秋葉原店の入口を通り過ぎる前で思わず・・・、

Evarq

撮ってしまった。(爆)

その後知ったのだが、たまたま訪れた12日と翌日の13日の2日間、エヴァンゲリオンのレイとアスカのコスプレに扮するレースクイーンが登場する日だったらしい。

その後は、16時になる前にも関わらず、秋葉原周辺の居酒屋で17時半近くまで呑んでしまった。
その影響もあってからか、昨夜のサッカーW杯の試合をテレビで観る元気もなく、夜8時になる前から布団に入ってしまった。(自爆)

2010.06.12

サッカー南アW杯 グループA第2戦も・・・

今日は珍しく、土曜日にしては早起きである。
このあと都内へ出かける予定があるからだ。(謎爆)
昨夜は深夜2時に寝たこともあり、今も少し眠い。

ところで、グループAの第2戦ウルグアイVSフランス戦も・・・、

ウルグアイvsフランスはスコアレスドロー

またも引き分けで終ってしまったとは・・・。(^^;

ここまでグループAは4カ国すべて勝点1。いきなり混戦模様である。

サッカー南アW杯 開幕戦南アフリカ勝点3逃す

ついに開幕したサッカー南アフリカワールドカップ。

先程までテレビで開幕戦南アフリカVSメキシコ戦を観戦。

結果は・・・、

南ア先制もメキシコが追いつく 開幕戦はドロー

引き分けで終ったが、全体的にはいい試合だったと思う。

しかし、南アフリカにとっては、勝点3を逃した非常に痛い試合だったのではないかと・・・。

ただ、過去の開催国のすべてが、初戦を落としたという前例がないことから、負けなかったのは良かったと思う。(おい)

南アフリカの決勝トーナメント進出は、はたしてどうなるのか・・・。
決勝トーナメントに大きく近づくためにも、次のウルグアイ戦は勝つしかない。

2010.06.11

サッカー南アW杯 いよいよ開幕試合が

ついに今日から始まるサッカー南アフリカワールドカップ。

開幕試合の南アフリカVSメキシコ戦の開始まで、あと1時間あまりとなった。

開幕戦は、どんな結果が待ち受けているのか。

明日は朝7時起きということもあり、今夜は寝不足覚悟である。(爆)

2010.06.06

埼玉県道走行レポ(第5回:埼玉県道395号南川上名栗線)

4月25日以来の埼玉県道走行レポ。今回で5回目。

今回は、埼玉県道395号南川上名栗線。
飯能市南川の国道299号との交点を起点とし、同市(旧入間郡名栗村)上名栗の県道53号青梅秩父線との交点を終点とした、飯能市内を通る全長約7Km程の県道である。

この県道395号、地図を見る限りでは、西武秩父線西吾野駅周辺から上名栗地区へ抜ける近道となっている。
しかし、全般的に道幅が狭く、また「天目指(あまめざす)峠」を越える道となっているため、見通しの悪いカーブが多く存在している。

そんな県道395号を、今日約3年ぶりに車で走らせた。(爆)

下は、国道299号から県道395号へ分岐する交差点。信号は無い。

R3951

国道299号を左折し、県道395号へ入ると・・・、

R3952

いきなりセンターラインの無い道。しかも、すぐに道幅が狭くなる。(爆)

この起点から上久通林道との分岐点までは、平均1.5車線程の印象。
ところどころに対向車すれ違い困難な狭隘区間も現れる。

R3953

下は、上久通林道との分岐点手前から撮影。

R3954

この地点から県道395号はヘアピンカーブを描いており、その後天目指峠へ向けて登り道が続く。

ヘアピンカーブに入ると、1.5~1.2車線程の道が続く。

R3955

下は、天目指峠に到着した記念に撮影。

R3956

そして、天目指峠を過ぎると下り道に。しかし、狭い道は続く。

R3957

そして、やがて沿道に民家が現れてくる。
民家が現れた先には、喫茶&ギャラリー「名栗の杜」が有る。

R3958

そして、県道53号との交点に達する。

R3959

下は、県道53号から県道395号へ分岐する交差点。右へ分岐する道が県道395号である。
しかし、終点も信号は無い。

R39510

ちなみに、起点から終点まで、信号は1つも存在していない。(爆)

また沿道には、県道を示すヘキサも1本も立っていない。(更爆)
あえてあげるとすれば、県道53号との交差点に立っている、この入口の標識くらいか・・・。

R39511

かつて、この県道395号に、バスが走っていたんだそうな。
正直、バスが通っていたとは思えない道である。

2010.06.04

サッカー日本代表コートジボワール戦 2試合続けてオウンゴール

ん~~~~~~~~~、どうしてこうなるのか・・・。

【日本-コートジボワール】決定機作れず0-2で敗戦 2試合連続オウンゴールが響く

2試合続けてまたもオウンゴールが飛び出すとは・・・。(^^;;;;;
正直、呆れてしまう程である。(爆)

今の調子では、グループリーグ全敗もおかしくはない。(おい)

2010.06.01

この夏も あいづへ

今朝、通勤途中のJR巣鴨駅構内で・・・、

Aizupamph

会津の観光パンフをゲット。
昨年と同じ真っ赤な表紙。さらに、あかべぇも。

今年の夏も期間限定で、上野~会津若松・喜多方間を「特急あいづ」が走る。
今年もまた、特急あいづに乗ってみたくなってきた・・・。(おい)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »