無料ブログはココログ

« 昨夜帰着 | トップページ | 岩手・青森旅行記(第2回:遠野市内) »

2010.07.26

岩手・青森旅行記(第1回:JR一ノ関駅&平泉中尊寺)

先日7/17~7/23の7日間、マイカーで岩手県内と青森県内を訪れた。
宿泊先で、その日その日に訪れた場所の写真の一部をアップしたが、今日からその詳細をアップしたいと思う。

7/17(土)の夜11時頃自宅を出発。
自宅から東北道久喜ICまでは約50分と、やや時間がかかってしまった。(謎爆)
早く圏央道が東北道とつながってほしいと思えてならなかった。(爆)

久喜ICに入ってからは、一路一ノ関を目指す。

途中2か所のPAで休憩を入れつつ、一ノ関ICに着いたのは午前4時半過ぎ。
とりあえず一ノ関ICから向かった先は、JR一ノ関駅。
駅前の駐車場に車を停め、そこで少しだけ仮眠・・・。

そして、午前6時なる前に仮眠から目覚め、とりあえず入場券を購入し一ノ関駅のホームに入場。

Ichinosekist2

Ichinosekist3

Ichinosekist4

駅入口には「わんこきょうだい」の幟が。

Wankokyodai1

この幟は、今年の7/1~9/30の3ヶ月間実施されている「いわて・平泉観光キャンペーン」で掲げているもので、岩手県内のJRの駅、各名所等であちこちで掲げられている。

この一ノ関駅には、仮眠時間も含めて(おい)約2時間半程滞在。
次に向かった先は、平泉である。

平泉といえば、やはり「中尊寺」。これに尽きるだろう。

Chusonji1

下は、中尊寺の本堂。

Chusonji4

下は、中尊寺境内にある「讃衡蔵」。中尊寺に伝わる文化財や宝物が展示されている。

Chusonji2

下は「金色堂」。中尊寺といえば、やはりこれだろう。

Chusonji3

中はキンピカであった。(おい)

金色堂のそばに、松尾芭蕉のあの名句が書かれた句碑が立てられている。

Bashokuhi

そして、松尾芭蕉の像。

Matsuobasho

腹が減ってしまったので、とりあえず中尊寺周辺の蕎麦屋でわんこそばを食べる。

Wankosoba2

わんこは12杯だが、これでざるそば1人前分の量である。(^^;

「平泉レストハウス」でお土産を購入し、その後「平泉文化史館」へ。平泉文化を学ぶことができる施設である。

Hiraizumibunkashikan

最後に、平泉文化史館の2階から平泉の風景を撮影。

Hiraizumi

のどかである。(おい)

中尊寺およびその周辺には約3時間半程滞在。
次に向かった先は、民話の里の遠野である。

« 昨夜帰着 | トップページ | 岩手・青森旅行記(第2回:遠野市内) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7502/48981208

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手・青森旅行記(第1回:JR一ノ関駅&平泉中尊寺):

« 昨夜帰着 | トップページ | 岩手・青森旅行記(第2回:遠野市内) »