無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010.07.31

岩手・青森旅行記(第4回:花巻市内その1)

岩手・青森旅行記の4回目。

7/18JR北上駅東口の某ホテルに宿泊し、翌朝花巻市内へ向かった。

まずは、某ホテルを出発する前に部屋から撮影した北上市内の風景。

Kitakamicity

朝8時半過ぎに出発し、車で花巻市内へ向かう。
個人的に「花巻」と言ったら、やっぱり「宮沢賢治」。
主に、宮沢賢治に関係のある施設を中心を訪れた。

まず最初に訪れたのが、「宮沢賢治記念館」。
宮沢賢治の生涯を学べる施設で、自筆の原稿や愛用していたチェロなどが展示されている。

Miyazawakenjimuseum1

Miyazawakenjimuseum2

下は、記念館入口前にあるみみずくの像。ガラスでできているのだそうな。

Miyazawakenjimuseum3

下は、記念館すぐそばにある「注文の多い料理店『山猫軒』」。

Yamanekoken

入店しても、ネコに食べられそうになることはない。(。_゚☆\ ベキバキ(。_゚☆\ ベキバキ

その後、「宮沢賢治イーハトーブ館」へ向けて森の中を歩いた。
下は、その途中にあった花壇。

Flowerbed

下は、「宮沢賢治イーハトーブ館」。
「宮沢賢治学会イーハトーブセンター」の本部がこの施設にあり、宮沢賢治の人や作品を愛する人たちによる研究論文や作品などが展示されている施設である。

Miyazawakenjiihatobukan1

Miyazawakenjiihatobukan2

次に向かった先は、「宮沢賢治童話村」。
下は、入口となっている「銀河ステーション」の駅舎。

Miyazawakenjidowamura1

入口前には・・・、

Miyazawakenjidowamura2

ここにも、みみずくの像が。(爆)

下は、童話村内にある「賢治の学校」。
館内は「ファンタジックホール」、「宇宙の部屋」、「天空の部屋」、「大地の部屋」、「水の部屋」の5つのゾーンがあり、宮沢賢治の童話の世界に浸れる施設である。

Miyazawakenjidowamura3

下は、何気に撮ってしまったもの。(おい)

Miyazawakenjidowamura4

そして下は、童話村内にある「賢治の教室」。
ログハウスの展示棟で、宮沢賢治の童話に登場する鳥、星、動物等に関してテーマごとに展示している。

Miyazawakenjidowamura5

その後は・・・、次回に続く。(おい)

2010.07.29

岩手・青森旅行記(第3回:JR北上駅)

岩手・青森旅行記の3回目。

遠野市内を観光したあと、宿泊のためJR北上駅東口の某ホテルへ直行した。
しかし、ずっとホテルの部屋にいるのももったいないので(おい)、JR北上駅に寄ってみた。(爆)
今回はその時に撮った写真でも・・・。

下は、北上駅東口の駅舎。

Kitakamist1

下は、反対側の西口。

Kitakamist2

駅前は西口の方が栄えている。

入場券を購入し、北上駅ホームに入場。
まずは、駅名板。

Kitakamist3

下は、たまたま一ノ関行き列車がやって来たので・・・。

Kitakamist4

最後は・・・、

Kitakamist5

0番線ホームがあったとは。(^^;

これで、1日目終了。
長時間(?)の運転疲れもあってか、普段よりも早く眠りについてしまった。(自爆)

2010.07.28

岩手・青森旅行記(第2回:遠野市内)

岩手・青森旅行記の2回目。

平泉を訪れたあと、次に向かった先は民話の里「遠野」。
柳田國男氏著作の「遠野物語」が今年発刊100周年を迎えたことを記念して、遠野市でキャンペーンを実施している。

遠野市街地へ向けて途中寄った場所は、国道283号沿いにある「道の駅遠野風の丘」。

Michinoekitohno1

道の駅から、遠野の風景を撮影。

Michinoekitohno2

下は、JR釜石線遠野駅の駅舎。

Tohnost

下は、「とおの昔話村」。 柳田國男氏が滞在していた旧高善旅館「柳翁宿」を移築したものである。

Tohnomukashibanashimura2

下は、柳田國男氏像。とおの昔話村内に建立されている。

Kunioyanagita

下は、とおの昔話村のすぐそばにある「語り部館」。

Kataribekan

ザシキワラシの話など、語り部による昔話を聞いたが、方言が強すぎて、ところどころ何を言っているのかがわからなくなった。(自爆)

語り部の昔話を聞いたあとに向かった先は、「遠野城下町資料館」。藩政時代の遠野南部家伝来の品が展示されている。

Tohnojokamachishiryokan

次に向かったのは、「遠野蔵の道ギャラリー」。

Tohnokuranomachigallery1

ギャラリーの2階は、昭和の懐かしの玩具、本、雑誌、レコードなどが展示されていた。

Tohnokuranomachigallery2

Tohnokuranomachigallery3

これは個人的には大当たりだったと思う。昭和の時代を感じさせる懐かしさがいい!!

そして次に向かったのは、「遠野市立博物館」。
今年の4月にリニューアル。「遠野物語」の世界をはじめ、遠野の民俗資料を展示している博物館である。

Tohnoshiritsumuseum

最後は・・・、

Henohenomoheji

某蕎麦屋の入口に下げられていた、へのへのもへじ河童の暖簾である。(^^;;;;;
さすが、河童の町である。(おい)

遠野市内には約3時間半滞在。
その後、北上市内へ向かい、JR北上駅東口の某ホテルへ直行した。

2010.07.26

岩手・青森旅行記(第1回:JR一ノ関駅&平泉中尊寺)

先日7/17~7/23の7日間、マイカーで岩手県内と青森県内を訪れた。
宿泊先で、その日その日に訪れた場所の写真の一部をアップしたが、今日からその詳細をアップしたいと思う。

7/17(土)の夜11時頃自宅を出発。
自宅から東北道久喜ICまでは約50分と、やや時間がかかってしまった。(謎爆)
早く圏央道が東北道とつながってほしいと思えてならなかった。(爆)

久喜ICに入ってからは、一路一ノ関を目指す。

途中2か所のPAで休憩を入れつつ、一ノ関ICに着いたのは午前4時半過ぎ。
とりあえず一ノ関ICから向かった先は、JR一ノ関駅。
駅前の駐車場に車を停め、そこで少しだけ仮眠・・・。

そして、午前6時なる前に仮眠から目覚め、とりあえず入場券を購入し一ノ関駅のホームに入場。

Ichinosekist2

Ichinosekist3

Ichinosekist4

駅入口には「わんこきょうだい」の幟が。

Wankokyodai1

この幟は、今年の7/1~9/30の3ヶ月間実施されている「いわて・平泉観光キャンペーン」で掲げているもので、岩手県内のJRの駅、各名所等であちこちで掲げられている。

この一ノ関駅には、仮眠時間も含めて(おい)約2時間半程滞在。
次に向かった先は、平泉である。

平泉といえば、やはり「中尊寺」。これに尽きるだろう。

Chusonji1

下は、中尊寺の本堂。

Chusonji4

下は、中尊寺境内にある「讃衡蔵」。中尊寺に伝わる文化財や宝物が展示されている。

Chusonji2

下は「金色堂」。中尊寺といえば、やはりこれだろう。

Chusonji3

中はキンピカであった。(おい)

金色堂のそばに、松尾芭蕉のあの名句が書かれた句碑が立てられている。

Bashokuhi

そして、松尾芭蕉の像。

Matsuobasho

腹が減ってしまったので、とりあえず中尊寺周辺の蕎麦屋でわんこそばを食べる。

Wankosoba2

わんこは12杯だが、これでざるそば1人前分の量である。(^^;

「平泉レストハウス」でお土産を購入し、その後「平泉文化史館」へ。平泉文化を学ぶことができる施設である。

Hiraizumibunkashikan

最後に、平泉文化史館の2階から平泉の風景を撮影。

Hiraizumi

のどかである。(おい)

中尊寺およびその周辺には約3時間半程滞在。
次に向かった先は、民話の里の遠野である。

2010.07.24

昨夜帰着

岩手県内と青森県内を中心に訪れたマイカーでの旅、昨日宿泊先の釜石から夜9時頃に自宅へ帰着した。

のべ7日間での車での走行距離は約2000Km。改めて、よく走ったなあと思ってしまう。

自宅へ着いてからは、さすがにブログへの書き込みの気力もなく、夜10時半頃に寝てしまった。

7日間の詳細な記録については、また後日このブログにアップしたいと思う。

2010.07.22

岩手県の三陸沿岸へ

先週土曜日(7/17)の夜に車で自宅を出発し、今日で6日目となった。

昨夜宿泊したJR八戸駅前の某ホテルを朝7時半頃に出発し、三陸沿岸を南下した。

まず向かった先は、「北山崎」。
しかし、現地に着くと・・・、

Kitayamazaki

一昨日(7/20)訪れた八幡平の時と同じ、濃霧状態。
あの絶景を見ることができなかった。(; ;)ホロホロ

次に向かった先は、岩泉町内の「龍泉洞」。

Ryusendo

龍泉洞は、日本三大鍾乳洞の中の1つの鍾乳洞である。

最後は、宮古市内の「浄土ヶ浜」。

Jodogahama

海水浴で楽しんでいる客も。(^^;

現在、釜石市内の某ホテルにいる。
明日は、余裕があれば(おい)釜石市内を観光し、その後自宅へ戻る予定である。

2010.07.21

青森県内を強行スケジュールで・・・

今日は一日青森県内を観光。
土曜日には自宅に戻らなければならない事情があるため(謎爆)、かなり強行なスケジュールで青森県内を移動した。
今朝宿泊した青森市内の某ホテルを朝8時なる前に出発。

下は、竜飛崎へ向かう途中で寄った「道の駅いまべつ」のすぐそばにある、JR津軽海峡線津軽今別駅のホーム。

Tsugaruimabetsust

1日上下計4本しか停車しない駅である。(爆)
秘境駅と言ってもいいくらいではないかと。(おい)

下は、竜飛崎展望台から撮った津軽海峡。少し曇ってはいたが・・・。

Tappizaki

下は竜飛崎名物(?)、知る人ぞ知る国道339号の「階段国道」。

Route339

Shaneとしては以前から登り降りしてみたかった道(?)である。

竜飛崎を訪れたあとは、旧北津軽郡金木町(現五所川原市)内にある太宰治記念館「斜陽館」へ。

Shayokan

下は、五所川原市内にある「吉幾三コレクションミュージアム」。
黒石市へ向かう途中でたまたま見つけて寄った次第である。(爆)

Ymc

去年の4月1日にオープンしたようで、吉幾三氏のステージ衣装、ギターなどが展示されている。

最後は、黒石市内で名物の「つゆ焼きそば」を。

Tsuyuyakisoba

麺の味は、確かにソース焼きそばである。(おい)

つゆ焼きそばを楽しんだあとは、一気に八戸まで移動した。(爆)
現在は、JR八戸駅前の某ホテルにいる。
明日は、再び岩手県内に入り、三陸沿岸を訪れる予定である。

2010.07.20

盛岡から青森へ

先週土曜日に車で自宅を出発してから4日目となった。
今日は盛岡から青森へ移動。
その間に訪れた場所の写真をアップする。

まずは、盛岡市内にある天然記念物の「石割桜」。

Ishiwarizakura

盛岡を跡にし、次に向かったのが八幡平。
下は、八幡平山頂へ向かう途中の駐車場にて撮影。

Hachimantai1

しかし、山頂は・・・、

Hachimantai2

濃霧で山頂周辺は真っ白け!!
・・・運が悪かった。(超激爆)

その後、秋田県の鹿角市内を経由し、十和田湖へ。

Towadalake

十和田湖は濃霧でなくてよかった。(おい)

下は、青森市内へ向かう途中で撮影した奥入瀬渓流。

Oirasekeiryu

最後は、JR青森駅。

Aomorist

現在、青森駅前の某ホテルにいる。
明日は何処へ向かうか・・・、まだ考えていない。(おい)

2010.07.19

今日も岩手県内

昨日、長時間の運転疲れもあってか、夜10時になる前に寝てしまった。とにかく疲れていた。

今朝は朝7時起き。8時半過ぎに宿泊したJR北上駅東口の某ホテルを出発した。

今日は、主に花巻市内と盛岡市内を観光。

まずは、花巻市内。
花巻といえば、個人的にはやっぱり「宮沢賢治」に尽きる!!

最初は、「宮沢賢治記念館」。賢治の生涯を学ぶことができる。

Kenjimiyazawakinenkan

下は、「宮沢賢治童話村」の中にある「賢治の学校」。宮沢賢治ワールドに浸れる施設である。

Kenjimiyazawadowamura

そして、「羅須地人協会」。賢治が設立した私塾で、岩手県立花巻農業高校内に移築復元された施設である。

Rasuchijinkyokai

次は、盛岡市内。
まずは、「もりおか啄木・賢治青春館」。

Takubokukenjiseishunkan

この建物は、昔は銀行だったんだそうな。

次は、中津川にかかる「上の橋」。

Kaminohashibr

これを見たとき、盛岡へ来たという実感がわいた。(おい)

最後に、盛岡三大麺の1つである「じゃじゃ麺」。

Jajamen

本場はやっぱりうまい!!
昨日わんこそばを食べたので、残るは冷麺のみだが・・・。(おい)

今はJR盛岡駅周辺の某ホテルにいる。
明日は、八幡平と十和田湖を訪れたあと、青森へ向かう予定である。

2010.07.18

車で岩手県内へ・・・

昨日書き込みしたように、北東北へ向かうため昨夜車で自宅を出発した。現在、JR北上駅東口の某ホテルにいる。

今日訪れた場所の一部の写真をアップする。

まずは、JR一ノ関駅西口の駅舎。

Ichinosekist

反対側の東口は、行くのが面倒くさかったので、向かわなかった。(。_゚☆\ ベキバキ

次は、平泉町内にある中尊寺金色堂。

Chusonjikonjikido

中尊寺周辺にある蕎麦屋で、わんこそばを食す。

Wankosoba

とりあえず、盛岡三大麺のうちの1つを食した。(おい)

そして、最後は遠野市内の「とおの昔話村」。

Tohnomukasibanasimura

その他、遠野市内の施設を数か所訪れた。

明日は、花巻市内を訪れたあと、盛岡市内へ向かう予定である。

今日は寝不足なので、早めに寝るつもりである。(本当か?)

2010.07.17

今日から10連休

昨年は仕事の都合上夏休みを取れなかったこともあり、今年は早めに取ることを4月に入ってから決めていた。

今日からShaneにとっての夏休みが始まった。今日から再来週の7/26までの計10連休である。
今年は、すんなりと夏休みを取得することができた。

さて、今回の10連休で何をするか、この2週間前から考えていたが、また例によって(おい)車で遠出しようと思い立った。
どこへ遠出するのか、それは北東北地方である。
個人的に仕事でも東北地方で訪れていないのは青森県だけで、今回の連休中に絶対に訪れようと思っている。

準備も整い、今夜遅くに自宅を出発する予定。

宿泊先から、訪れた場所の写真をまたこのブログにアップするつもりである。

2010.07.12

サッカー南アW杯 スペイン初優勝!! 予想タコ的中率100%!!

サッカー南アフリカワールドカップ決勝オランダVSスペイン戦が約30分程前に終わった。

延長戦までもつれ込んだ結果は・・・、

スペイン初優勝!イニエスタが決勝ゴール

PK戦にまでもつれ込みそうな試合展開であったが、PK戦の前に決着がついた。

グループリーグの初戦を落としたスペインではあったが、終わってみれば優勝という結末に。
初戦を落としたチームが優勝を飾ったのは、史上初なんだそうな。
それも、スペインの底力があったからこそだったのでだろう。

・・・それにしても、あの有名になってしまった「予想タコ」、またも的中させてしまった。8戦全勝だ!!(^^;;;
凄い、凄すぎる・・・。

2010.07.11

サッカー南アW杯決勝オランダVSスペイン戦 タコの予想は当たるのか?

6月11日に開幕したサッカー南アフリカワールドカップ、昨日3位決定戦が行われ、ドイツが2大会連続の3位となった。

今大会最後の試合となる決勝戦オランダVSスペイン戦のキックオフまで残り10時間あまりとなった。

Shaneの予想としては、日本とグループリーグで相対したオランダと言いたいのであるが、なんとなくスペインが優勝するのではないかと思っている。オランダよりも勢いのある印象が強いのだ。

ドイツ戦の全7試合の結果をすべて的中させたあの「予想タコ」も、優勝はスペインだそうな。(^^;
決勝戦も的中させ、的中率100%を成し遂げてしまうのか・・・。(^^;;;
これもある意味で楽しみである。(おい)

今夜は早めに寝るつもりである。(本当か?)

2010.07.10

あかべぇ ふじみ野市内に出没?

今日、地元ふじみ野市内の「アウトレットモールリズム」に寄っていたのであるが、たまたま見かけてしまったものが・・・、

Akabee10

なんと、あかべぇがふじみ野市内に出没したのである。(爆)

この日は土曜日ということもあってか、ミニライブが行われていたのであるが・・・、

Akabee11

あかべぇもミニライブで大活躍?

2010.07.04

サッカー南アW杯 アルゼンチンVSドイツ戦 4得点で・・・

大詰めを迎えたサッカー南アフリカワールドカップ。試合も残り6試合となった。

先程テレビで準々決勝アルゼンチンVSドイツ戦を観戦。
結果は・・・、

ドイツ、4得点でアルゼンチンに圧勝!

ドイツがイングランド戦に続きまたも4得点の完勝だ。
1点差勝負、もしくはPK戦までもつれ込むのではないかと思っていたが、4-0のスコアは予想外の中の予想外であった。

全体的に攻守の切り替わりが早い、大変激しい試合であった。
アルゼンチンもよく攻め、よくシュートを放ってはいたが、ドイツの堅いディフェンスにことごとく阻まれ、最後の詰めまでに持っていけていない印象が大きかった。

決勝トーナメントに進んでからのドイツは、グループリーグの時よりも更に強くなっている印象がある。
攻守のバランスが良く、また攻めも速い。
このままの調子でいったら、ドイツが優勝するのではないかと思ってしまう程である。(爆)

2010.07.03

JR磐越西線455系電車と会津若松駅発車メロディーの基歌動画があったので・・・

久々に、サッカー南アフリカワールドカップ以外のネタでも。(爆)

ニコニコ動画に、JR会津若松駅の発車メロディの基となった「AIZUその名の情熱」(By南こうせつ氏)の歌に乗せて、数年前までJR磐越西線で活躍していた455系電車の動画があった。
今の719系あかべぇ電車と比べると、かなりインパクトがあるように思えるが・・・。(本当か?)


サッカー南アW杯 オランダVSブラジル戦 オウンゴールが響いたのか・・・

昨夜は睡魔に襲われ、夜10時半には眠りについてしまった。(自爆)

昨夜行われたサッカー南アフリカワールドカップの準々決勝オランダVSブラジル戦。
ここでもまた強豪国どうしのぶつかり合いとなった。

結果は・・・、

大本命ブラジル散る…カカ無得点で南ア去る

Shaneとしては、ブラジルが勝つのではないかと思っていたが、予想に反する結果となった。

1-0リードの後半8分にオウンゴールでオランダに1点を献上。オウンゴールがこの試合で出てしまうとは。(^^;
それがその後の展開に響いてしまったのか(本当か?)、後半23分には逆転を許し、さらにその後レッドカードで退場者を出す始末・・・。

逆に勝利をおさめたオランダは、12年前のフランス大会以来の4強に進出。
ブラジルを破った勢いで、このまま決勝まで進むのであろうか・・・。(本当か?)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »