無料ブログはココログ

« 大宮へ資格試験受験 | トップページ | 岩手・青森旅行記(第15回:十三湖) »

2010.09.07

岩手・青森旅行記(第14回:国道339号階段国道)

岩手・青森旅行記の14回目。

前回は「津軽海峡冬景色」の歌碑、竜飛崎展望所からの眺めの写真等をアップした。

Shaneにとって竜飛崎を訪れた本来の大きな目的、それは・・・・、

竜飛崎名物(?)国道339号の「階段国道」を登り下りすること!!

「津軽海峡冬景色」の歌碑を見たあと、竜飛漁港へ向けて階段を下った。

階段の入口には、いきなり・・・、

Route3392

おにぎりが立っている。(^^;

そして、階段を下り始める。

Route3393

階段の途中にも・・・、

Route3394

おにぎりが。(^^;;

更に下ると、やがて民家が目の前に。

Route3395

竜飛漁港も近くに見えてきた。

Tappigyoko2

階段を下り終わった場所にも・・・、

Route3396

おにぎりが。(^^;;;

その後は、民家の狭い路地に入る。(爆)

Route3397

Route3398

Route3399

本当に国道とは思えない道である。(^^;;;;

やがて、目の前に海が見えてきたところで、階段国道が終わる。

Route33910

国道339号の続きは、この突き当りを右折することとなる。

また、路地の入口にも・・・、

Route33911

おにぎりが立っている。(^^;;;;;

ちなみにこの階段国道、全長388.2m、段数362段、標高差約70mと公表されている。
また、「国道」とは言いつつも青森県が管理しているらしい。確かに、国が管理しているとは思えない道である。(爆)

階段国道を含めた竜飛崎周辺には、約1時間10分程滞在。
その後、旧金木町(現五所川原市)へ向けて車を走らせた。

« 大宮へ資格試験受験 | トップページ | 岩手・青森旅行記(第15回:十三湖) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7502/49383021

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手・青森旅行記(第14回:国道339号階段国道):

« 大宮へ資格試験受験 | トップページ | 岩手・青森旅行記(第15回:十三湖) »