無料ブログはココログ

« 岩手・青森旅行記(第18回:道の駅のだ&三陸鉄道陸中野田駅・北山崎その1) | トップページ | 岩手・青森旅行記(第20回:浄土ヶ浜) »

2010.09.20

岩手・青森旅行記(第19回:北山崎その2・龍泉洞)

岩手・青森旅行記の19回目。
久々に1日2回の書き込みである。(おい)

八戸から車で向かうこと約2時間40分、陸中海岸国立公園のひとつである「北山崎」に到着。
駐車場に車を停め、展望台へ向けて歩いた。

展望台に着くと・・・、

Kitayamazaki4

Kitayamazaki5

Kitayamazaki6

濃霧で北山崎の絶景は見られず。orz

どうやらこの濃霧は、「やませ」と呼ばれるものだそうである。
Shaneが訪れた夏の北山崎は、やませの発生しやすい時期だとか。(--;
正直訪れるまで、そんな現象に遭遇するとは夢にも思っていなかった。(自爆)

この日は他の多くの観光客も訪れていたが、やはりあの断崖絶壁の光景を見れずに残念がっていた人が多かったようである。

北山崎には約1時間程滞在。
その後、岩泉町の「龍泉洞」へ向かう。

車を走らすこと約50分、目的地の龍泉洞に到着。
Shaneにとって鍾乳洞に入るのは、小学生時代に東京都の奥多摩町にある日原鍾乳洞を訪れて以来である。

龍泉洞は日本三大鍾乳洞に選ばれている鍾乳洞。総延長は約1200mだそうな。

Ryusendo2

以下は、洞内で撮った写真。

Ryusendo3

Ryusendo4

Ryusendo5

フラッシュ機能がないため、これが撮影の限界。(超ウルトラ激爆)
実際に目にした地底湖は、透明度が高かった。神秘的な世界であった。

この日は30度を超す暑さもあってか、洞内に入った瞬間は寒すぎる程であった。
洞内を出ると、再びあの猛暑が襲いかかり、さらに洞内を出た瞬間に眼鏡のレンズが思いっきり曇ってしまった。(爆)

次に、龍泉洞と道路を挟んで反対側にある「龍泉新洞」にも入ってみた。
龍泉新洞は、昭和42年に観光整備の工事中に発見された鍾乳洞なんだそうな。

Ryusenshindo

・・・入口の写真を撮り忘れたため、出口の写真を。(おい)

龍泉洞を観光した後、龍泉洞入口前にあるお土産屋で龍泉洞土産を購入。

Ryusendo6

龍泉洞には約1時間20分程滞在。
その後、宮古市の浄土ヶ浜へ向けて車を走らせた。

« 岩手・青森旅行記(第18回:道の駅のだ&三陸鉄道陸中野田駅・北山崎その1) | トップページ | 岩手・青森旅行記(第20回:浄土ヶ浜) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7502/49506389

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手・青森旅行記(第19回:北山崎その2・龍泉洞):

« 岩手・青森旅行記(第18回:道の駅のだ&三陸鉄道陸中野田駅・北山崎その1) | トップページ | 岩手・青森旅行記(第20回:浄土ヶ浜) »