無料ブログはココログ

« 気が付いたら・・・(その2) | トップページ | 2022年FIFAワールドカップ 日本開催国になるのか? »

2010.11.26

埼玉県道走行レポ(第6回:埼玉県道361号三沢坂本線)

またも埼玉県道ネタ。今回は約5ヶ月半ぶりの「走行レポ」である。

今回の走行レポは、埼玉県道361号三沢坂本線。
秩父郡皆野町三沢の埼玉県道82号長瀞玉淀自然公園線との交点を起点とし、秩父郡東秩父村坂本の県道11号熊谷小川秩父線との交点を終点とした、釜伏峠と二本木峠の2つの峠を越える全長約15Km弱の県道である。
また沿線には、登谷牧場、秩父高原牧場の2つの牧場がある。

ということで、早速起点から終点に向けてレポートしていく。

下は、県道361号の起点。

R36101

起点は県道82号との交点である。
信号の無い交差点であるが、県道82号上下線とも交差点手前に青看板での県道361号の案内表示がある。

県道361号に入った直後は、2車線の登り道。

R36102

しかし、2車線の道もすぐに・・・、

R36103

幅員の狭い道に突入する。(爆)
ここからが、県道361号の醍醐味である。(-_-;)ホントカ・・・オイ

先へ進むと、釜伏峠まで1.5~1車線の狭い道が続く。
更にカーブが多いため見通しが悪く、また勾配が意外とキツい。

R36104

狭い道の途中に集落が・・・。

R36105

やがて青看板が出現し、釜伏峠に到達する。

R36106

釜伏峠を訪れた記念に・・・。

R36107

釜伏峠を過ぎると、二本木峠までは平均1.5車線の道となる。また、勾配のキツさは大きく感じなくなる道となる。

下は、登谷牧場付近で撮影したもの。

R36108

そして、二本木峠に到達。

R36109_2

二本木峠を訪れた記念に・・・。

R36110

二本木峠を過ぎると、秩父高原牧場まで1.5~1.2車線の狭い道が続き、カーブの多い見通しの悪い道となる。

やがて、秩父高原牧場を突っ切る道に到達。

R36111

遠くから牛のモーモー鳴く声が聞こえた。(爆)

秩父高原牧場からは下りの道となる。

先へ進むと再び道が狭くなり、平均1.5車線の道に。

R36112

やがて、2車線区間になる。

R36113

そして・・・、

R36114

県道361号の終点。突き当りの道は県道11号である。
ちなみにこの交差点以外、県道361号に信号は存在していない。(爆)

« 気が付いたら・・・(その2) | トップページ | 2022年FIFAワールドカップ 日本開催国になるのか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7502/50137588

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉県道走行レポ(第6回:埼玉県道361号三沢坂本線):

« 気が付いたら・・・(その2) | トップページ | 2022年FIFAワールドカップ 日本開催国になるのか? »