無料ブログはココログ

« 只見線・会津旅行記(第6回:会津川口から会津若松へ) | トップページ | 只見線・会津旅行記(第8回:鶴ヶ城) »

2011.01.28

只見線・会津旅行記(第7回:まちなか周遊バスあかべぇ・會津酒造歴史館)

一昨日(1/26)、冒頭でサッカーアジアカップの話題を書き込んでしまったこともあり、風邪をひいてダウンしてしまったその後を書くことをすっかり忘れてしまった。(爆)
一昨日からちゃんと会社へ出社している。体調も、ほぼいつもの通りになりつつある状態だ。

ということで、只見線・会津旅行記の7回目。

1/14、朝7時に起床。
サッカーアジアカップ日本VSシリア戦の試合結果をテレビで知ったあと、某ホテル内の1階ロビーで朝食を取る。
その後、少しだけ部屋の中でテレビを見ながらゆっくりしたあと、8:45某ホテルをチェックアウト。
まずは、荷物をコインロッカーに預けるため、会津若松駅へ。

Aizuwakamatsust9

そして、駅前のバス乗り場へ向かい、始発のまちなか周遊バス「あかべぇ」を待つ。
いつもは冬季間中は運休する「あかべぇ」だが、今年は冬季間中も運行している。
5分程待つと、バスがやって来た。
やって来たバスは、いつの間にかリニューアルされていた!!

ということで、出発前に「あかべぇ」バスを前後左右から撮影。



Akabeebus7



Akabeebus8

後ろ

Akabeebus9



Akabeebus10

あっちこっち、あかべぇである。(爆)

バス車内にも・・・、

Akabeebus11

あかべぇが・・・。(爆)

バスに乗っているだけでも、何だか不思議に和んでしまった。(^^;

9:15、バスが出発。
飯盛山下→会津武家屋敷前→鶴ヶ城北口経由で、北出丸大通りバス停を下車。
バスを降りて向かった先は、「會津酒造歴史館」。
宮泉銘醸が経営している歴史館で、会社の上司から「一度行ってみては?」と勧められて訪れてみたのである。

下は、歴史館の入口。

Aizushuzorekishikan2

入館料を払うと、すぐにスタッフから酒の試飲を勧められた。

Aizushuzorekishikan3

正直、午前中から酒を呑むとは思ってもいなかった。(おい)
しかし、車で訪れなくてよかったと思った。(爆)

その後、スタッフの案内による実際の酒蔵を見学した。
酒蔵の中の写真は・・・、残念ながら撮っていない。(激爆)
また、民謡「会津磐梯山」で唄われている「小原庄助」に関するコーナーもある。

酒蔵を見学したあとは、入館時に貰った甘酒券で甘酒とにごり酒「細雪」のソーダ割りを呑んだ。

Aizushuzorekishikan4

美味かったなあ・・・。(^^;

訪れた記念に、館内にある売店でお土産を購入。にごり酒の「細雪」を1本買った。

Aizushuzorekishikan5

會津酒造歴史館には約50分程滞在。
その後は、徒歩で去年のGW以来の鶴ヶ城へ向かった。

« 只見線・会津旅行記(第6回:会津川口から会津若松へ) | トップページ | 只見線・会津旅行記(第8回:鶴ヶ城) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7502/50704856

この記事へのトラックバック一覧です: 只見線・会津旅行記(第7回:まちなか周遊バスあかべぇ・會津酒造歴史館):

« 只見線・会津旅行記(第6回:会津川口から会津若松へ) | トップページ | 只見線・会津旅行記(第8回:鶴ヶ城) »