無料ブログはココログ

« 東武東上線間引き運転のはずが・・・ | トップページ | 「あいさつの魔法。」に洗脳されたのか・・・ »

2011.03.27

埼玉県道走行レポ(第7回:埼玉県道282号藤倉吉田線)

3/11に発生した東北地方太平洋沖地震から、今日で17日目。
その煽りを受けた福島第一原発は、かなりヤバい状況になってきてしまっている。
また、義援金振込が集中してシステム障害が発生したみずほ銀行も、完全復旧までには至っていない状況のようで。(謎爆)
何かと深刻な話題が多い、今日この頃である。

・・・・ということで、今回は約4ヶ月ぶりの埼玉県道走行レポでも。

今回は埼玉県道282号藤倉吉田線。
秩父郡小鹿野町藤倉の藤倉橋を起点とし、秩父市上吉田の埼玉県道71号高崎万場秩父線の塚越交差点との交点を終点とした全長約9.5Km弱の吉田川にほぼ沿った県道である。
また、終点手前に合角ダム(西秩父桃湖)が存在する。

今回は終点から起点に向けてアップする。

まずは、県道71号との分岐点である塚越交差点。

R28201

この交差点を左折して、県道282号に入る。

県道282号に入ると、すぐにヘキサが見つかる。

R28202

沿線に存在するヘキサはこれだけのようである。他では見つけることができなかった。

終点から起点へ向かい約800m程で合角ダム(西秩父桃湖)に到達する。

Kakkakudam

終点から約2.5Km程は2車線と比較的走りやすい道。
しかし、その後・・・、

R28203

対向車すれ違い困難な1車線区間の道が現れてきた。
ただ、1車線区間の道が現れはじめたのも束の間、すぐにまた2車線区間の道が現れる。

暫く先へ進むと、「新要トンネル」に入る。

R28204

この「新要トンネル」は、今年の3月5日に開通したようである。
このトンネルが開通する前は、無理矢理こじ開けたとしか思えない完全1車線、全長約15m(爆)の「要トンネル」が存在していたのである。(写真左への道が旧道)
その「要トンネル」は、新トンネルの開通により、完全に通行止めとなっていた。
下は、その「要トンネル」の写真。

R28205

更に先へ進むと・・・、

R28206

1車線になり、また・・・、

R28207

2車線になり、またまた・・・、

R28208

1車線になる。(爆)
ちなみに、上の写真は長沢バス停で撮影したもの。

ついでに、そのバス停の写真を。(おい)

R28212

小鹿野町役場からこの長沢バス停まで、西武観光バスが1日5往復運行している。
途中1車線区間で小鹿野町役場へ向かうバスとすれ違ったが、運良く退避できる場所があったため問題なく離合できた。

更に先へ進むと、林道二子山線との交点に到達する。

R28210

ここが県道282号の起点のようである。(多分・・・)

« 東武東上線間引き運転のはずが・・・ | トップページ | 「あいさつの魔法。」に洗脳されたのか・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7502/51231817

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉県道走行レポ(第7回:埼玉県道282号藤倉吉田線):

« 東武東上線間引き運転のはずが・・・ | トップページ | 「あいさつの魔法。」に洗脳されたのか・・・ »