無料ブログはココログ

« 会津旅行記2011年6月(第1回:自宅から芦ノ牧温泉駅へ) | トップページ | 会津旅行記2011年6月(第3回:喜多方市内) »

2011.07.25

会津旅行記2011年6月(第2回:芦ノ牧温泉駅・牛乳屋食堂)

「会津旅行記2011年6月」の2回目。

東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅から「AIZUマウントエクスプレス」に乗車し、11:40芦ノ牧温泉駅で下車した。

目的は、去年のGW以来の名物ネコ駅長「ばす」に会うことと、駅周辺の「牛乳屋食堂」で昼食を取ることであった。

まずは、芦ノ牧温泉駅の駅舎。

Ashinomakionsenst11062402

駅舎入口前のベンチは木製に変わってしまっていた。
去年GWに訪れた時は、「あかべぇ」がベンチにいたのであったが・・・。(謎爆)

ネコ駅長「ばす」は・・・、

Basu11062401

駅長室にこもっていた。(爆)

シャッター音に驚いてしまったせいか(本当か?)、駅長室から駅事務室に向かい歩きだす。
その時に撮ったのが下の写真。

Basu11062402

完全にブレてしまった。orz
その後駅事務室内にこもってしまい、数分待っても一向に外に出てこない。
・・・仕方ないので、昼食を取ったあとにまた会いに行こうと、ここで一旦見切りを付ける。

そして、目当ての「牛乳屋食堂」へ向かった。

Gyunyuyashokudo02

この「牛乳屋食堂」、元々は牛乳屋であった。
現在の会津鉄道が開通したときに、初代のおかみが中国人から支那そばの技術を習得し、その後ラーメン屋を開いたのが、「牛乳屋食堂」の始まりである。
今も「会津ラーメン」の店として、多くの観光客が訪れる店となっている。

お昼時ということもあってか、この日は平日にも関わらず、順番待ちとなってしまっていた。
待つこと約15分、やっと店内に入ることができた。

Gyunyuyashokudo03

ラーメンを注文しようかと思ったのだが、かなり腹が減ってしまっていたこともあったので、ソースカツ丼を注文。

Gyunyuyashokudo04

結構ボリュームがあった。

その後、食堂前の売店へ。

Gyunyuyashokudo05

そこで買ったのは・・・、

Milkofgyunyuyashokudo

牛乳である。(爆)
食後の牛乳は久々。美味かった。

売店には、福島の復興を願う寄せ書きが。

Gyunyuyashokudo06

Gyunyuyashokudo07

その後13:15、芦ノ牧温泉駅に戻った。
・・・しかし、「ばす」に再び会うことはなかった。「ばす」は駅舎を出てどこかへ行ってしまったらしい。
他の観光客も「ばす」目当てで訪れていたが、会えなかったことに残念がっていた。

そして13:45頃、次の目的地喜多方へ向かうため切符を購入しホームに入場。
ホームに入場した頃、パラパラと雨が降り始めてきた。

13:50頃、会津若松行き列車がやってきた。

Ashinomakionsenst11062403

列車に乗車し、13:51列車は出発。
改札口から手を振り列車を見送る女性駅員の姿が印象的であった。

次回は喜多方市内である。

« 会津旅行記2011年6月(第1回:自宅から芦ノ牧温泉駅へ) | トップページ | 会津旅行記2011年6月(第3回:喜多方市内) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7502/52305875

この記事へのトラックバック一覧です: 会津旅行記2011年6月(第2回:芦ノ牧温泉駅・牛乳屋食堂):

« 会津旅行記2011年6月(第1回:自宅から芦ノ牧温泉駅へ) | トップページ | 会津旅行記2011年6月(第3回:喜多方市内) »