無料ブログはココログ

« 東北旅行記2011(第1回:自宅から青森県下北地方へ) | トップページ | 東北旅行記2011(第3回:大間崎) »

2011.08.07

東北旅行記2011(第2回:恐山)

「東北旅行記2011」の2回目。

7/30(土)の夜20時頃車で自宅を出発。
東北道、国道4号、国道279号を経由し、約13時間後の7/31(日)朝9時頃「恐山」に到着した。

Osorezan02

恐山は下北半島国定公園に指定されており、高野山、比叡山と並ぶ日本三大霊場の中の一つに数えられている。
また、恐山はカルデラ湖である「宇曽利湖」を中心とした外輪山の総称で、「恐山」と呼ばれる単独の山は存在していない。(このことは、Shaneが恐山を訪れるまで正直知らなかった。(自爆))
寺の名は「恐山菩提寺」。

恐山の駐車場に着き車から出た瞬間、独特の硫黄臭が鼻を突きさした。(爆)
最初はきつかったが、その後徐々に慣れてきた。

入山料500円を払い、早速入山。

Osorezan03

不動尊参道から恐山の風景を撮影。

Osorezan04

その後、順路に従ってゆっくりと火山岩の道を進む。

Osorezan05

Osorezan06

Osorezan07

更に先へ進むと、目の前に宇曽利湖が。

Osorezan08

Osorezan09

この砂浜は「極楽浜」と呼ばれている。

下は、展望台から望む宇曽利湖。

Osorezan10

更に先へ進み、再び火山岩の道へ。

Osorezan11

Osorezan12

岩場から蒸気が噴き出している。(爆)

入山を終えたあと、恐山土産を購入。
その土産屋の入口には・・・、

Osorezan13

風車があった。
幼子の霊をなぐさめるため、花の代わりとしてあるのだそうな。
確かに何か所かの場所で風車を見かけた記憶がある。

恐山には約1時間20分程滞在。
その後、本州最北端の地「大間崎」へ向けて車を走らせた。(次回に続く)

« 東北旅行記2011(第1回:自宅から青森県下北地方へ) | トップページ | 東北旅行記2011(第3回:大間崎) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7502/52412447

この記事へのトラックバック一覧です: 東北旅行記2011(第2回:恐山):

« 東北旅行記2011(第1回:自宅から青森県下北地方へ) | トップページ | 東北旅行記2011(第3回:大間崎) »