無料ブログはココログ

« 東北旅行記2011(第6回:青森駅・青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸) | トップページ | 東北旅行記2011(第8回:青森駅西口・JR新青森駅・黒石市内「蔵よし」) »

2011.08.21

東北旅行記2011(第7回:青森桟橋・青森ベイブリッジ・アスパム・いくべぇ・・・etc.)

「東北旅行記2011」の7回目。

「青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸」を訪れたあと、青森県観光物産館の「アスパム」へ向かうことにした。
八甲田丸を出たあと、たまたま出口から少し遠くに見えたのが、3両編成の廃車となった列車。

Trainrestroom

列車休憩所らしいが、今は開放していなく、入口は鍵がかかっていた。
いつから閉鎖されたのかはわからないが、外から見た車内はかなり汚れていた。(爆)

アスパムへ向かう途中、青函連絡船で使用されていた桟橋があった。

Aomorisanbashi

北海道から連絡船で運ばれた列車はここで上陸し、本州を走っていたんだそうな。

下はその桟橋そばにあった記念碑。

Aomorisanbashimonument

下は、青函連絡船戦災の碑。

Seikanrenrakusensensainohi

そして、「青森ベイブリッジ」。

Aomoribaybridge01

「青森ベイブリッジ」は長さ1219mの橋で、青森市最長の橋である。
橋脚とケーブルは、「青森」の頭文字「A」の形を模っている。

青森桟橋そばの橋桁から、橋上の歩道まで上れる階段があったので、早速上がってみた。
下はその時に撮った橋上の写真。

Aomoribaybridge02

その後、青森湾に沿って板張りの道を歩いた。

Aomoribay

そして、青森県観光物産館「アスパム」に到着。

Aspum01

アスパムは三角形の建物で、「青森」の頭文字「A」を模っている。

このアスパムに展望室(13階)があるため、早速エレベータに乗り上がってみた。
入場料を支払い、展望室から青森市周辺の景色を眺めた。

青森駅方向

Aspum02

岩木山方向

Aspum03

八甲田方向

Aspum04

青森湾方向

Aspum05

その後展望室から1階に下った。
土産フロア内を歩いていると、たまたまどこかで見たことのあるキャクターの着ぐるみがいた。

Ikubee

「いくべぇ」である。
今年の4~7月に展開した「青森デスティネーションキャンペーン」のマスコットキャラクターである。
小さい子供たちにも囲まれていた。子供たちには人気のようである。(本当か?)

その後暑い中、アスパム周辺を適当にブラついていた。(おい)

青森ねぶた祭りを前日に控えていたこともあり、ねぶたの飾りがいくつも展示されていた。

Aomorinebuta

この日前夜祭が行われるようであり、正午なる前から某歌い手たちの歌声が響いていた。

Aomorinebuta02

その後は・・・、次回に続く。(おい)

« 東北旅行記2011(第6回:青森駅・青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸) | トップページ | 東北旅行記2011(第8回:青森駅西口・JR新青森駅・黒石市内「蔵よし」) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7502/52528516

この記事へのトラックバック一覧です: 東北旅行記2011(第7回:青森桟橋・青森ベイブリッジ・アスパム・いくべぇ・・・etc.):

« 東北旅行記2011(第6回:青森駅・青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸) | トップページ | 東北旅行記2011(第8回:青森駅西口・JR新青森駅・黒石市内「蔵よし」) »