無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012.03.30

池袋駅西口のふくろう「えんちゃん」

会社から自宅への帰宅途中、池袋駅西口へ寄り道。

駅へ戻るときに、あるイルミネーションに目が移ってしまった。

何かと思ったら・・・、

Enchan01

ふくろうの「えんちゃん」。
真ん中の小さいふくろうが、えんちゃんなんだとか。

「えんちゃん」の名前の由来は・・・、

Enchan02

写真の通りである。(おい)

既に「いけふくろう」と並ぶ、池袋の待ち合わせスポットになっているのかもしれない。(本当か?)

2012.03.25

正丸峠と秩父鉱山方面へ

今日は何も予定がなかったため、久々に気分転換に秩父方面へ車を走らせた。

まずは、「正丸峠」。

Shomarupass12031501

Shomarupass12031502

Okumurachaya

その後国道140号、埼玉県道210号を車で走らせ、約4ヶ月ぶりに秩父鉱山へ向かってみた。

R210_120325

「秘境の郵便局」とも言われている、「秩父鉱山簡易郵便局」。

Chichibukozanpostoff120325

更に金山志賀坂林道を車で走らす・・・。

Chichibukozan120325

廃墟と化した建物があちこちに。

落石が多く、車を走らすのにかなり神経を使った。

Kinzanshigasakarindou

その後は、Shaneにとって想定していなかったことが・・・。

詳細は、次回にでも。(おい)

2012.03.20

「がんばろうふくしま!大交流フェア」に行ってみた

祝日の今日、朝7時半起きと、休日にしてはいつもより早起き。

朝9時過ぎに自宅を出て、向かった先は有楽町の東京国際フォーラム。

この日は、東京国際フォーラムで「がんばろうふくしま!大交流フェア」が開催される日だということを数日前に知ったからだ。

開場の15分程前に着いたが、既に・・・、

Fukushimafair01

会場の入口前は、開場を待つ大勢の客が。(^^;

11時開場。その後は展示フロア内を適当に廻り歩く。

Fukushimafair02

その後ステージイベントコーナーへ。

Fukushimafair03

ステージは、さまざまなイベントが行なわれていた。

スパリゾートハワイアンズのプロダンサーによるダンスショー。

Fukushimafair04

ご当地キャラのPRタイム。

Fukushimafair05

「ひこにゃん」が特別ゲストで参加!!

Fukushimafair06

実は、これも大きな目当ての一つだったりもする。(おい)

グルメコーナーで食した会津名物の「ソースカツ丼」。

Fukushimafair07

久々のソースカツ丼は美味い!!

他に、昨年のB-1グランプリで第4位と入賞を果たした「なみえ焼きそば」も食した。
なみえ焼きそばの特徴は、麺は太麺、具は大量のモヤシと豚肉のみである。
初めて食べたが、やっぱり「美味い!!」の一言以外何もない。

・・・しかし、食う方に気が行ってしまったため、焼きそばの写真を撮るのを忘れてしまった。(自爆)
その代わりに、売場前に掲げられていた幟でも。(おい)

Fukushimafair08

そして、赤べこ展示コーナーへ。

Fukushimafair09

カラフルな「べこ」がたくさん飾られていた。(^^;

その後ステージイベントコーナーへ戻り・・・、

Fukushimafair10

最後は猪苗代湖ズの「I love you & I need you ふくしま」を会場で大合唱!!

ステージ終了後・・・、

Hikonyan120320

またもひこにゃんを撮影。(^^;;;
撮影大会になるほどで、やはりひこにゃんの人気は凄い!!

17時の閉場まで約6時間同じ展示ホール内にいたが、時間はあっという間であった。

2012.03.18

宮城・会津旅行記(最終回:鶴ヶ城会館・会津若松から帰宅)

「宮城・会津旅行記」の13回目。今回で最終回である。

1/24(火)の11:15過ぎ、赤べこ絵付けを体験した「番匠」を離れ、最寄りの和田バス停へ急いで向かった。
バス停で待つこと約3分、まちなか周遊バス「あかべぇ」がやってきた。

Akabeebus120124

このバスに乗車したのは、もう何度になるのか・・・。

鶴ヶ城北口バス停を下車し、「鶴ヶ城会館」へ。
目的は、会津土産の購入。

Tsurugajokaikan120124

館内には・・・、

Akabee12012402

曲芸(?)をしているあかべぇが・・・。(。_゚☆\ ベキバキ

なぜか、あの名物「会津ジャンボあかべぇ」が館内で見当たらなかった。
どこへ行ってしまったのか・・・。

鶴ヶ城会館で急いで土産を購入し、その後すぐに鶴ヶ城北口バス停へ。

この日2度目のまちなか周遊バス「あかべぇ」に乗車し、12:30過ぎ会津若松駅前に到着。

Akabeebus12012402

このタイプは初めて乗車した。

その後、川越までの片道切符と新幹線自由席券を購入し、少し早い帰路につく。

12:55、喜多方発郡山行きのあかべぇ電車がやってきた。

719akabee12012

13:04、会津若松駅を出発。

その後は、車窓からの雪景色を楽しむ。

Banetsuwestline120124

Mtbandai120124

途中、翁島駅で下り列車との交換のため3分程停車。
その間に、駅名板を撮影。

Okinasimast

そして、猪苗代駅停車中に・・・、

Inawashirost

あかべぇの歓迎横断幕が。(^^;

14:18、郡山駅に到着。

Koriyamast120124

その後、14:33Maxやまびこ142号東京行きに乗車し、15:30大宮駅に到着。
川越線、東武東上線と乗り継ぎ、夕方17時頃自宅に帰着した。

・・・以上で、「宮城・会津旅行記」終了!!

大宮へ

今日の午後、訳ありで大宮駅周辺へ外出。(謎爆)
Shaneのふじみ野の自宅から大宮駅周辺までは、車で約30~40分程で行ける。
Shaneにとっては、正直電車で行くよりも車で行った方が断然早い!!

下は大宮駅前で・・・、

Omiyast120318

Beforeomiyast12031801

Beforeomiyast12031802

大宮は埼玉の大都会と、改めて感じる。(本当か?)

2012.03.17

東武伊勢崎線業平橋駅 今日から駅名改称

先日会社帰り途中のふじみ野駅で、東武伊勢崎線業平橋駅の駅名改称のお知らせが掲示されていた。

新駅名は・・・、

Tokyoskytreest

「とうきょうスカイツリー」駅!!

大変分かりやすくていいかも。

改めてこのお知らせを見ていたら、今日から駅名が改称されたことに気付いた。(^^;;;

2012.03.16

秋葉原へ寄り道

昨日今日と、神田周辺某所で外部研修。

研修終了後、約1年9ヶ月ぶりに神田と隣の秋葉原へ寄り道してみた。

Akihabarast

Beforeakihabarast

Akihabara

やはり秋葉原といえば、「AKB48」。
ガード下には・・・、

Akb48cafeshop01

Akb48cafeshop02

店内に入ってみたが、AKB48一色であった。(当たり前)

カフェにも入ってみようと思ったが、激混みだったので今回は見送った。(おい)

神田周辺へ

今日から2日間、久々の外部研修。

研修会場のある神田周辺に出た。

神田周辺へ出たのは、Shaneにとって実に約6年ぶりである。

Kandast

Beforekandast

Kanda

普段の昼休みは社員食堂で昼食を取るのであるが、今日は久々の外食。

注文した料理が来る前に、ついつい欲しくなってしまったのが・・・、

Kirinfree

ノンアルコールだから、まったく問題なし!!

今日明日の2日間は、ある意味でShaneにとっては気分転換でもある。

2012.03.13

宮城・会津旅行記(第12回:手作り体験ひろば「番匠」)

「宮城・会津旅行記」の12回目。

1/24(火)、飯盛山を訪れたあとで次に向かった先は、手作り体験ひろば「番匠」。

Bansho01

Bansho02

「番匠」は、数少ない赤べこの絵付け体験ができる民芸所である。

Bansho03

下が、Shaneが絵付けした赤べこ。

Bansho04

なぜか絵付けが完了するまで1時間以上かかってしまった。
・・・しかし、美術センスの無いShaneにとっては、まずまずな出来?(-_-;)ホントカ・・・オイ

ちなみに、赤べこの絵付け体験料は840円。
出来上がった赤べこは、思い出と共に持ち帰ることができる。

その後、会計を済ませたあとで目に付いたのが・・・、

Akabeeatbansho

土鈴のあかべぇ。(^^;
これも絵付け体験できるんだそうな。

番匠には約1時間20分程滞在。
その後は・・・、次回に続く。(おい)

2012.03.11

「予定~宮城に帰ったら~」 & 「予定~いわてに帰ったら~」

1/23に会津若松を訪れた当日、当ブログに「予定~福島に帰ったら~」のYouTube動画を掲載した。

同じ「予定」シリーズで、宮城版と岩手版もあるので・・・。


東日本大震災から早1年・・・

3月11日・・・。

今日で東日本大震災から、丸1年を迎えた。
もう1年経ったのかと思うと、本当に月日の経つのが早い・・・。

1年前の今日、何気にいつも通りに会社内で仕事していた午後2時46分、揺れの激しい地震が東京都内を襲ってきた。

その後の会社内は、もう仕事どころではない状況。

電話、携帯電話で連絡をとろうにも、全然連絡が取れない状態。

都内の交通網はほぼ完全に機能しなくなり、Shaneもその日は帰宅難民となった。

青森県から千葉県に至る太平洋沿岸では、大津波の被害。特に東北地方の岩手県・宮城県・福島県の3県は多くの死者・犠牲者が・・・。

更に追い撃ちをかけるかのように、福島県の福島第一原発で津波の影響による大事故が発生。

あれから1年が経った今日、テレビで太平洋沿岸の現地の映像があちこちで放映されていたが、完全復興までの道のりはまだまだ長いと改めて感じさせられた。
大津波に飲みこまれてしまったあの1年前から、どこもあの時からあまり変わっていない印象を受けた。

現地の人達は、どんな思いでこの1年を迎えたのか・・・。

そう思うと、Shaneも何気に心が痛む・・・。

2年目を迎えた今日、更なる迅速な復興に向けて、国や政府には今まで以上に真剣に取り組んでほしいと思えてならない。
特に福島第一原発事故の影響は深刻。
原発事故による福島県の風評被害を、一日も早く解消してもらいたいものである。

2012.03.10

宮城・会津旅行記(第11回:飯盛山)

「宮城・会津旅行記」の11回目。

1/24(火)、朝7時起床。
某ホテルのロビー内で朝食を済ませ、8:20過ぎ某ホテルを出た。

まずは荷物をコインロッカーに預けるため、会津若松駅へ向かった。
下は、駅前から磐梯山方向へ向けて撮った写真。

Aizuwakamatsust12012401

まず向かった先は、白虎隊の悲劇で知られる「飯盛山」。約2年半ぶりに向かった。

8:30、会津若松駅前からまちなか周遊バス「ハイカラさん」に乗車。
まちなか周遊バス「あかべぇ」の始発が9:15と待ち時間があったため、逆方向で向かってしまった。

9:15、飯盛山下バス停に到着。
その後、飯盛山の石段を登った。

下は、白虎隊の墓。

Iimoriyama12012401

Iimoriyama12012402

下は、白虎隊自刃の地にて。

Iimoriyama12012403

Iimoriyama12012404

ビニールがかぶせられていた。これは降雪対策か?

そして、白虎隊自刃の地から鶴ヶ城方向を眺めた。

Iimoriyama12012405

その後は飯盛山を下山した。
下は下山途中にある「宇賀神堂」。

Iimoriyama12012406

下は、宇賀神堂そばにある「さざえ堂」。
二重の螺旋構造の斜路をもつ建造物である。

Sazaedo

そして、「戸ノ口堰洞穴」。
白虎隊士が鶴ケ城に戻る際に通ったといわれる洞穴である。

Tonokuchisekidoketsu

飯盛山には約45分程滞在。
次に向かった先は・・・、次回に続く。(おい)

2012.03.04

宮城・会津旅行記(第10回:会津若松 鶴ヶ城)

「宮城・会津旅行記」の10回目。

1/23(月)、宮城県の松島からJR仙石線・東北新幹線・磐越西線と乗り継ぎ、福島県の会津若松へ向かった。
会津若松駅に到着したのは14:55頃。

Aizuwakamatsust12012302

約7ヶ月ぶりに鶴ヶ城を訪れることにした。

バス乗り場へ向かうと、タイミングよく、まちなか周遊バス「あかべぇ」がやって来た。

Akabeebus12012301

15:15バスが出発。
バスに揺られること約30分、鶴ヶ城北口バス停に到着。
そして、鶴ヶ城の本丸へ向かった。

Tsurugajo12012301

Tsurugajo12012302

約7ヶ月ぶりに天守閣に入ってみた。
天守閣に入ったのは、今回で3回目である。(爆)

そして、展望フロアから、会津若松周辺の雪景色を眺めた。

Tsurugajo12012303

Tsurugajo12012304

Tsurugajo12012305

Tsurugajo12012306

鶴ヶ城には約50分程滞在。
その後、最終便のまちなか周遊バス「あかべぇ」で会津若松駅へ戻り、駅前の某ホテルへ向かった。

これで2日目終了。
次回からは最終日の内容となる。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »