無料ブログはココログ

埼玉県道

2011.12.06

埼玉県道336号今福木野目線 終点地点標を探してみた(その2)

一昨日の12/4(日)、マイカーで定峰峠を訪れた。
その後の帰宅途中、埼玉県道336号今福木野目線の終点地点標を再度探し行ってみた。
10/25に当ブログにアップしたそれらしき写真は、残念ながら不正解であったからだ。
なので、そのリベンジである。(爆)

下は、県道336号の終点で、県道335号並木川崎線との交点である南古谷小学校前交差点。

R33611120401

アクセスユーザからコメントでヒントをもらったこともあり、それらしき終点地点標を発見。

R33611120402

R33611120403

多分、間違いないであろう。(本当か?)

2011.11.19

埼玉県道走行レポ(第10回:埼玉県道210号中津川三峰口停車場線)

11/13、紅葉を見るため奥秩父の中津峡を訪れた。
訪れたついでに、中津峡に沿って通る埼玉県道210号中津川三峰口停車場線を秩父鉱山まで向けて走ってみた。

埼玉県道210号中津川三峰口停車場線は秩父市(旧秩父郡大滝村)中津川字小倉沢の金山志賀坂林道の入口を起点とし、秩父鉄道三峰口駅前を終点とした、全長約20Km程の県道である。
その大半は国道140号と重複している。

今回は、単独区間である国道140号の分岐点から起点へ向けてアップしていく。

まずは、途中紅葉の写真を撮るために途中で降り立った大滑バス停付近から撮影した県道210号。

R21001

途中でヘキサを見つけたので・・・、

R21002

いくつかのトンネルを潜るが、暫くは比較的快適な2車線の道が続く。

R21003

R21004

暫く先へ進むと、県道210号は右折してトンネルを潜る。

R21005

ちなみに、この道をそのまままっすぐ進むと、長野県との県境「三国峠」へ続く中津川林道に入る。

更に先へ進むと、平均1.5車線程の狭い道に。

R21006

R21007

R21008

日曜日であったため、秩父鉱山のトラックとすれ違うことはなかったが、この日は思っていた以上に対向車のすれ違いが多かった。
たまたまだったのか、運が悪かっただけなのかどうかはわからないが・・・。(おい)

更に先へ進み、雁掛トンネルを潜ると、秩父鉱山が見えてくる。
下は、秘境の郵便局である「秩父鉱山簡易郵便局」。

Chichibukozanpostoff01

Chichibukozanpostoff02

秩父鉱山の風景。

Chichibukozan

日曜日ではあったが、操業していたようである。

このまま先へ進むと金山志賀坂林道に入り、国道299号の志賀坂峠へ抜けられる。
下は、起点間近の場所から志賀坂峠方面へ向けて撮った写真。

R21009

2011.10.30

「川幅日本一」の場所に行ってみた(埼玉県道27号東松山鴻巣線)

Shaneの地元埼玉県内に、「川幅日本一」の場所がある。
鴻巣市と比企郡吉見町の間を流れる「荒川」で、川幅は2537mもある。

今日その「川幅日本一」の場所を車で訪れた。

鴻巣市から吉見町へ向かう途中の埼玉県道27号東松山鴻巣線の御成橋手前約300mの場所に、川幅日本一を示す案内板を見つけた。

R271

御成橋を渡る手前には、「川幅日本一」の標柱が立っている。

R272

R273

R274

御成橋を少し渡ったところから、荒川の河川敷を撮影。

R275

河川敷はかなり広い!!(爆)

この先吉見町方面へ車を走らせた。
すぐに荒川を越えたが、車窓から見た荒川の川幅は、目測30m程しかない。(爆)

その後は河川敷上を走る。

R276

河川敷の沿道には、民家が立ち並んでいる。
しかも、信号も存在している。(爆)

そして、吉見町側の堤防に立つ「川幅日本一」の標柱。

R277

しかし、荒川の川幅が目測30m程なのに、なぜ「川幅日本一」なのか?
それは、河川敷を含めた両岸の堤防間を、国土交通省が「川幅」と定義しているからである。

ちなみに鴻巣市では、「川幅日本一」を売りにするため、「川幅うどん」をご当地B級グルメとして売り出している。
麺は幅広の平麺である。(爆)
更には、「川幅ラーメン」他、川幅にちなんだ「こうのす川幅グルメ」が続々と出てきているらしい。(^^;;;

今度また訪れるときには(いつだ?)、一度「川幅うどん」は食してみたいと思っているが・・・。

2011.10.25

埼玉県道336号今福木野目線 終点地点標を探してみた

10/16、当ブログにアップした「埼玉県道走行レポ(第9回:埼玉県道350号南飯能線)」に対して、アクセスユーザーから地点標の話題がコメントとしてあがってきた。

そのコメントの中で、埼玉県道336号今福木野目線の終点に、地点標が存在しているとのこと。

昨日(10/24)、私用で都内から戻ってきたあと、それを確かめに現地へ行ってみることにした。(爆)

下は、埼玉県道335号並木川崎線との交点で、県道336号の終点である南古谷小学校交差点。

R36611102401

横断歩道に向かい、それらしき地点標を発見。
もしかして、これか?!

R36611102402

地点標をズームアップ。

R36611102403

埼玉の「埼」の文字だけが出ていた。(爆)
確かに10cm四方のコンクリートブロックであった。

果たして、これが正解であろうか・・・。

2011.10.16

埼玉県道走行レポ(第9回:埼玉県道350号南飯能線)

久々の「埼玉県道走行レポ」。約4ヶ月ぶりのアップである。

今回は埼玉県道350号南飯能線。
飯能市南の「子ノ権現」への林道の入口を起点とし、同市小瀬戸の埼玉県道70号飯能下名栗線小瀬戸交差点を終点とした、全長約7.1Km程の県道である。

今日気分転換に、この道を約4年ぶりに車で走ってみることにした。(爆)

下は、終点である県道70号との交点である小瀬戸交差点(約80m手前(?)から飯能市街地方面へ向けて撮影)。

R35001

県道350号に存在する信号は、この交差点のみで、この先は一切信号は存在しない。(爆)

県道350号に入ると、平均1.8車線程の道。

R35002

その後、2車線区間の道が現れる。

R35003

暫く2車線区間の道を走ると、やがて1.8~1.5車線の道となる。

R35004

所々、対向車すれ違い困難な狭隘区間も存在する。
また、見通しの悪いカーブの道が多いことと、西武バスもこの道を通るため、車で通行する際にはやや注意が必要である。

更に先へ進むと、信号の無いT字路にぶつかる。

R35005

県道350号は、この先右折する。

右折すると、1.5車線程の民家の間を通る道に。

R35006

更に先へ進むと、山間の道に入っていく。

R35007

R35008

やがて、「子ノ権現」へ向かう林道の入口に。
この地点が、県道350号の起点のようである。

R35009

起点近くには、中沢バス停がある。

R35010

飯能駅からこの中沢バス停まで、西武バスが平日1日6往復、土休日1日8往復運行している。

最後は、バス停そばにあった県道350号のヘキサ。

R35011

かなり泥まみれである。(爆)

2011.06.05

埼玉県道走行レポ(第8回:埼玉県道284号下日野沢東門平吉田線)

約2カ月ぶりの「埼玉県道走行レポ」でも・・・。

今回は埼玉県道284号下日野沢東門平吉田線。
秩父郡皆野町大字下日野沢の埼玉県道44号秩父児玉線との交点を起点とし、秩父市(旧吉田町)吉田の埼玉県道37号皆野両神荒川線との交点を終点とした、全長約15Km弱の県道である。
この県道284号、起点から終点までの間に1車線、1.2車線、1.5車線、1.8車線、2車線と、目まぐるしい程に幅員の変化に富んでいる県道である。(謎爆)

そんな県道284号を、今日約4年ぶりに車で走ってみた。

まずは、旧吉田町市街地に近い県道37号との分岐点手前の写真。

R28401

県道37号との分岐点には信号は無い。
ただ、分岐点の上下線手前には、県道284号への分岐を示す青看板での案内がある。

県道284号を入ると、いきなり1~1.2車線の狭い道に突入する。

R28402

しかし1km弱程進むと、2車線の走りやすい道になる。

R28403

山間部に差し掛かると・・・、

R28404

再び1.5~1車線の狭い道に。
ここから徐々に登り道となっていく。

やがて、林道との分岐点に到達する。

R28405

この分岐点で県道284号は右折する。
案内標識がないため、そのまままっすぐ進んでしまいそうな道である。

その後引き続き登り道が続き、平均1~1.2車線の狭い道。
途中所々に2車線区間の道も現れるが、その距離もそんなに長くはない。(謎爆)

R28406

暫く先へ進むと、秩父市から皆野町に突入し、やがて2車線区間の道に。

R28407

この2車線道を少し登ると、やがて下り道となる。

暫く下ると、平均1.5車線程の狭い道に。

R28408

やがて道を下り終えると、沿道に民家が現れる。
その後は2~1車線の道が目まぐるしい程変わる。(謎爆)

R28409

「秩父湯泉満願の湯」の手前から、2車線の道が開け・・・、

R28410

そして、県道44号との交点に。

R28411

この県道44号との交差点以外に、県道284号に信号は存在しない。(爆)

・・・全体を通じると、終点手前側の方が「険道」を十分に発揮しているように思う。(-_-;)ホントカ・・・オイ

2011.04.24

これでも埼玉県道?(第15回:埼玉県道368号飯積向古河線)

そろそろネタ切れの状態になりつつある「これでも埼玉県道?」ネタ。
それでもまだなんとか、ネタが残っている。(爆)

今回は埼玉県道368号飯積向古河線。
加須市飯積の埼玉県道・群馬県道369号麦倉川俣停車場線との交点を起点とし、同市向古河の埼玉県道46号加須北川辺線との交点を終点とした、旧北埼玉郡北川辺町内にある全長約8Km程の県道である。
途中の5Km程は、利根川の堤防に沿っている。

この県道368号、県道369号との分岐点から、いきなり埼玉県道とは思えない1~1.2車線の道となっている。
しかも、右左折のポイントが3か所存在しており、またそれらのポイントには県道の案内標識がない。
カーナビや地図がない限り、トレースするのは困難な道である。

以下は、終点から起点へ向けて撮影した狭隘区間を取った写真である。

R36801

R36802

R36803

R36804

沿道に住んでいる住民で、この道を県道だと知っている者が、果たしているのだろうか?(爆)
住民の殆どが、そんな事実を知らなかったりして。(本当か?)

2011.03.27

埼玉県道走行レポ(第7回:埼玉県道282号藤倉吉田線)

3/11に発生した東北地方太平洋沖地震から、今日で17日目。
その煽りを受けた福島第一原発は、かなりヤバい状況になってきてしまっている。
また、義援金振込が集中してシステム障害が発生したみずほ銀行も、完全復旧までには至っていない状況のようで。(謎爆)
何かと深刻な話題が多い、今日この頃である。

・・・・ということで、今回は約4ヶ月ぶりの埼玉県道走行レポでも。

今回は埼玉県道282号藤倉吉田線。
秩父郡小鹿野町藤倉の藤倉橋を起点とし、秩父市上吉田の埼玉県道71号高崎万場秩父線の塚越交差点との交点を終点とした全長約9.5Km弱の吉田川にほぼ沿った県道である。
また、終点手前に合角ダム(西秩父桃湖)が存在する。

今回は終点から起点に向けてアップする。

まずは、県道71号との分岐点である塚越交差点。

R28201

この交差点を左折して、県道282号に入る。

県道282号に入ると、すぐにヘキサが見つかる。

R28202

沿線に存在するヘキサはこれだけのようである。他では見つけることができなかった。

終点から起点へ向かい約800m程で合角ダム(西秩父桃湖)に到達する。

Kakkakudam

終点から約2.5Km程は2車線と比較的走りやすい道。
しかし、その後・・・、

R28203

対向車すれ違い困難な1車線区間の道が現れてきた。
ただ、1車線区間の道が現れはじめたのも束の間、すぐにまた2車線区間の道が現れる。

暫く先へ進むと、「新要トンネル」に入る。

R28204

この「新要トンネル」は、今年の3月5日に開通したようである。
このトンネルが開通する前は、無理矢理こじ開けたとしか思えない完全1車線、全長約15m(爆)の「要トンネル」が存在していたのである。(写真左への道が旧道)
その「要トンネル」は、新トンネルの開通により、完全に通行止めとなっていた。
下は、その「要トンネル」の写真。

R28205

更に先へ進むと・・・、

R28206

1車線になり、また・・・、

R28207

2車線になり、またまた・・・、

R28208

1車線になる。(爆)
ちなみに、上の写真は長沢バス停で撮影したもの。

ついでに、そのバス停の写真を。(おい)

R28212

小鹿野町役場からこの長沢バス停まで、西武観光バスが1日5往復運行している。
途中1車線区間で小鹿野町役場へ向かうバスとすれ違ったが、運良く退避できる場所があったため問題なく離合できた。

更に先へ進むと、林道二子山線との交点に到達する。

R28210

ここが県道282号の起点のようである。(多分・・・)

2010.12.26

これでも埼玉県道?(第14回:埼玉県道76号鴻巣川島線:その2)

今年の6/20、当ブログに埼玉県道76号鴻巣川島線に存在する狭隘区間の画像等をアップした。
しかしその時は、荒川土手上に存在する幅員約1.9mのゲートまで訪れていなかったこともあり、ゲートの写真を撮影していなかったのだ。

今日、久々に宛ても無いドライブをし、県道76号の荒川土手上のゲート近くに来たついでに・・・、

R767

撮影してしまった。(爆)

数年前に1度だけこのゲートを通ったことがあるのだが、Shaneの車ではサイドミラーを開いた状態でほぼギリギリに通れる程の狭さであった。(爆)

ちなみに、今日このゲートを訪れたものの、この道とは裏の道を車で走らせたため、荒川土手上の狭隘区間は通らなかった。(爆)

2010.12.19

二本木峠&釜伏峠の走行動画があったので・・・

師走ということもあってか、個人的に公私ともに忙しく、書き込みのペースが落ちてきてしまっている。(謎爆)

先程、YouTubeに埼玉県道361号三沢坂本線の走行動画を見つけてしまったので、その動画でも・・・。(爆)
走行レポとは逆の、終点から起点に向かっての走行である。
釜伏峠を過ぎてからは、改めて道の狭さを感じられるものである。(爆)

より以前の記事一覧