無料ブログはココログ

会津

2012.04.28

会津若松出身シンガー 越尾さくら 「LUCKY ISLAND」

今日からゴールデンウィークの大型連休に突入。
世間一般の多くは、今日から9連休に突入した者が多いことであろう。

しかしShaneにとっては、3連休の後は2日間出勤し、その後4連休とカレンダー通り。
・・・まあ個人的には、あまり連休が長すぎると、連休明けは仕事モードに切り替わるのが時間が少しかかるので、その方が個人的には良かったりもするが・・・。(-_-;)ホントカ・・・オイ

で、先月3/20、東京有楽町の東京国際フォーラムへ「がんばろうふくしま!大交流フェア」へ行ってみた。
当日はShaneも含め約1万6千人近くの人が開場を訪れ、大盛況であった。

イベントステージでのフィナーレの直前、会津若松市出身シンガーのライブが行なわれた。
登場したのは、越尾さくら。

その時初めて本人の存在を知ったが、2曲目に披露された「LUCKY ISLAND」は、本人の故郷福島への愛を唄った歌となっている。

タイトルは、「LUCKY」の「福」、「ISLAND」の「島」にかけているのだとか。

・・・その後、同曲が収録されたミニアルバム(CD)を通販で購入してしまった。(爆)

Lovesongs

ちなみに、このCDの販売による収益の一部が、東日本大震災により遺児・孤児となられた福島県の子供たちの生活と修学の支援に充てられる。

2012.03.18

宮城・会津旅行記(最終回:鶴ヶ城会館・会津若松から帰宅)

「宮城・会津旅行記」の13回目。今回で最終回である。

1/24(火)の11:15過ぎ、赤べこ絵付けを体験した「番匠」を離れ、最寄りの和田バス停へ急いで向かった。
バス停で待つこと約3分、まちなか周遊バス「あかべぇ」がやってきた。

Akabeebus120124

このバスに乗車したのは、もう何度になるのか・・・。

鶴ヶ城北口バス停を下車し、「鶴ヶ城会館」へ。
目的は、会津土産の購入。

Tsurugajokaikan120124

館内には・・・、

Akabee12012402

曲芸(?)をしているあかべぇが・・・。(。_゚☆\ ベキバキ

なぜか、あの名物「会津ジャンボあかべぇ」が館内で見当たらなかった。
どこへ行ってしまったのか・・・。

鶴ヶ城会館で急いで土産を購入し、その後すぐに鶴ヶ城北口バス停へ。

この日2度目のまちなか周遊バス「あかべぇ」に乗車し、12:30過ぎ会津若松駅前に到着。

Akabeebus12012402

このタイプは初めて乗車した。

その後、川越までの片道切符と新幹線自由席券を購入し、少し早い帰路につく。

12:55、喜多方発郡山行きのあかべぇ電車がやってきた。

719akabee12012

13:04、会津若松駅を出発。

その後は、車窓からの雪景色を楽しむ。

Banetsuwestline120124

Mtbandai120124

途中、翁島駅で下り列車との交換のため3分程停車。
その間に、駅名板を撮影。

Okinasimast

そして、猪苗代駅停車中に・・・、

Inawashirost

あかべぇの歓迎横断幕が。(^^;

14:18、郡山駅に到着。

Koriyamast120124

その後、14:33Maxやまびこ142号東京行きに乗車し、15:30大宮駅に到着。
川越線、東武東上線と乗り継ぎ、夕方17時頃自宅に帰着した。

・・・以上で、「宮城・会津旅行記」終了!!

2012.03.13

宮城・会津旅行記(第12回:手作り体験ひろば「番匠」)

「宮城・会津旅行記」の12回目。

1/24(火)、飯盛山を訪れたあとで次に向かった先は、手作り体験ひろば「番匠」。

Bansho01

Bansho02

「番匠」は、数少ない赤べこの絵付け体験ができる民芸所である。

Bansho03

下が、Shaneが絵付けした赤べこ。

Bansho04

なぜか絵付けが完了するまで1時間以上かかってしまった。
・・・しかし、美術センスの無いShaneにとっては、まずまずな出来?(-_-;)ホントカ・・・オイ

ちなみに、赤べこの絵付け体験料は840円。
出来上がった赤べこは、思い出と共に持ち帰ることができる。

その後、会計を済ませたあとで目に付いたのが・・・、

Akabeeatbansho

土鈴のあかべぇ。(^^;
これも絵付け体験できるんだそうな。

番匠には約1時間20分程滞在。
その後は・・・、次回に続く。(おい)

2012.03.10

宮城・会津旅行記(第11回:飯盛山)

「宮城・会津旅行記」の11回目。

1/24(火)、朝7時起床。
某ホテルのロビー内で朝食を済ませ、8:20過ぎ某ホテルを出た。

まずは荷物をコインロッカーに預けるため、会津若松駅へ向かった。
下は、駅前から磐梯山方向へ向けて撮った写真。

Aizuwakamatsust12012401

まず向かった先は、白虎隊の悲劇で知られる「飯盛山」。約2年半ぶりに向かった。

8:30、会津若松駅前からまちなか周遊バス「ハイカラさん」に乗車。
まちなか周遊バス「あかべぇ」の始発が9:15と待ち時間があったため、逆方向で向かってしまった。

9:15、飯盛山下バス停に到着。
その後、飯盛山の石段を登った。

下は、白虎隊の墓。

Iimoriyama12012401

Iimoriyama12012402

下は、白虎隊自刃の地にて。

Iimoriyama12012403

Iimoriyama12012404

ビニールがかぶせられていた。これは降雪対策か?

そして、白虎隊自刃の地から鶴ヶ城方向を眺めた。

Iimoriyama12012405

その後は飯盛山を下山した。
下は下山途中にある「宇賀神堂」。

Iimoriyama12012406

下は、宇賀神堂そばにある「さざえ堂」。
二重の螺旋構造の斜路をもつ建造物である。

Sazaedo

そして、「戸ノ口堰洞穴」。
白虎隊士が鶴ケ城に戻る際に通ったといわれる洞穴である。

Tonokuchisekidoketsu

飯盛山には約45分程滞在。
次に向かった先は・・・、次回に続く。(おい)

2012.03.04

宮城・会津旅行記(第10回:会津若松 鶴ヶ城)

「宮城・会津旅行記」の10回目。

1/23(月)、宮城県の松島からJR仙石線・東北新幹線・磐越西線と乗り継ぎ、福島県の会津若松へ向かった。
会津若松駅に到着したのは14:55頃。

Aizuwakamatsust12012302

約7ヶ月ぶりに鶴ヶ城を訪れることにした。

バス乗り場へ向かうと、タイミングよく、まちなか周遊バス「あかべぇ」がやって来た。

Akabeebus12012301

15:15バスが出発。
バスに揺られること約30分、鶴ヶ城北口バス停に到着。
そして、鶴ヶ城の本丸へ向かった。

Tsurugajo12012301

Tsurugajo12012302

約7ヶ月ぶりに天守閣に入ってみた。
天守閣に入ったのは、今回で3回目である。(爆)

そして、展望フロアから、会津若松周辺の雪景色を眺めた。

Tsurugajo12012303

Tsurugajo12012304

Tsurugajo12012305

Tsurugajo12012306

鶴ヶ城には約50分程滞在。
その後、最終便のまちなか周遊バス「あかべぇ」で会津若松駅へ戻り、駅前の某ホテルへ向かった。

これで2日目終了。
次回からは最終日の内容となる。

2012.02.27

宮城・会津旅行記(第9回:松島から会津若松へ)

「宮城・会津旅行記」の9回目。

1/23(月)、松島の絶景を遊覧船で楽しんだあと、次に向かった先は・・・、


何度も訪れている会津若松!!(爆)


・・・飽きもせず、よく訪れているものである。(おい)

11:00、JR仙石線松島海岸駅に戻り、あおば通り行き列車を待つ。

その間に・・・、

Matsushimakaiganst02

駅名板を撮影。

待つこと約3分、あおば通り行き列車がやって来た。

Matsushimakaiganst03

11:04、松島海岸駅を出発。
シートに座ってからは、その後は爆睡モード。なぜか眠くなってなってしまったのだ。

目が覚めると、気が付いたら仙台駅の1つ手前の榴ヶ岡駅。
仙台駅を乗り過ごして、更にあおば通り駅を折り返すことがなくてよかったものである。(おい)

11:41仙台駅に到着。
郡山へ向かう新幹線の出発まで時間があったため、その後は駅構内の土産屋で仙台土産を購入。

更に、仙台駅構内にある楽天イーグルスのオフィシャルショップにも寄ってみた。

Rakuteneaglesshop

せっかく訪れたこともあったため、ここで楽天イーグルス関連のグッズを少しだけ購入。(おい)

その後、東北新幹線ホームへ。
やまびこ54号に乗車し、12:21仙台駅を出発。
40分後の13:01、郡山駅に到着した。

Koriyamast12012301

その後、磐越西線に乗り換え。
下は、出発前に撮った快速会津若松行きの719系あかべぇ電車。

719akabee12012301

13:47、郡山駅を出発。
その後は、車窓から磐越西線沿線の雪景色を楽しんだ。

Banetsuwestline120123

しかし、磐梯山は・・・、

Mtbandai120123

頂上まで見えなかったのが残念。

そして14:55、会津若松駅に到着。

Aizuwakamatsust12012301

改札口そばにいるいつもの・・・、

Akabee12012301

巨大あかべぇと対面。昨年8月以来である。(爆)

その後、鶴ヶ城へ向かった。
その詳細は・・・、次回に続く。(おい)

2011.10.19

東北旅行記2011(最終回:会津鉄道湯野上温泉駅)

8月6日からアップを開始した「東北旅行記2011」、今回が最終回(27回目)。

8/5(金)、会津鉄道芦ノ牧温泉駅でネコ駅長「ばす」と再会したあと、この日2つ目の目的地へ車で向かった。

向かった先は、同じ会津鉄道の湯野上温泉駅。
国道121号を更に日光方面へ向けて走り、9:35湯野上温泉駅近辺の駐車場に到着。

Yunokamionsenst01

湯野上温泉駅は、日本唯一の茅葺屋根の駅舎で、2002年(平成14年)に東北の駅百選に選定された駅である。
また2005年(平成17年)に、日本鉄道賞・特別賞を授与された駅である。

何度か会津を訪れているShaneにとっては、意外にも湯野上温泉駅を訪れたのは、この時が初めてであった。

早速、駅舎内に入ってみた。

Yunokamionsenst02

駅舎内には、囲炉裏がある。

Yunokamionsenst03

茅の虫除けのために設置しているのだそうな。人がいるときには火を入れるらしい。

改札口からホームを撮影。

Yunokamionsenst04

駅入口には、起きあがり小法師が。

Yunokamionsenst05

湯野上温泉駅には、約25分程滞在。
これで、今回の観光はすべて終了となった。

10時過ぎに湯野上温泉駅を発ち、その後は自宅のふじみ野へ向けて車を走り出した。

下2つの写真は、途中運転休憩で寄った野岩鉄道の龍王峡駅とその駅前の風景。

Ryuokyost

Beforeryuokyost

その後栃木県鹿沼市内、埼玉県桶川市内の2か所のコンビニで運転休憩を入れ、16:55頃無事に自宅に帰着した。

7/30~8/5までの足掛け7日間の「東北旅行記2011」は、これにて終了!!

東北旅行記2011(第26回:JR会津若松駅その2・会津鉄道芦ノ牧温泉駅)

「東北旅行記2011」の26回目。
いよいよ最終回間近である。

8/5(金)朝7時起床。
宿泊した某ホテル内で朝食を取ったあと、会津土産を買うため、JR会津若松駅へ外出した。

Aizuwakamatsust11080501

駅入口前には、赤べこがいる。

Aizuwakamatsust11080502

赤べこの足元には・・・、

Aizuwakamatsust11080503

笑っているあかべぇが。(^^;;;

他の観光客が手を叩いていたが、歌が流れてこなかった。(おい)

駅構内の「銘品館」で会津土産を買ったあと、駅前の某ホテルに戻り、8:40某ホテルを出発。
国道121号で栃木県の日光市を経由し、自宅のふじみ野へ戻ることにした。
これには、2つの目的があったのだ。

まずはその目的の1つ目、会津鉄道の芦ノ牧温泉駅へ立ち寄ること!!

9:05過ぎ、芦ノ牧温泉駅に到着。約1ヶ月半前に、列車で訪れて以来である。

Ashinomakionsenst11080501

本来のもっと大きな目的は、ネコ駅長「ばす」との再会。
前回の1ヶ月半前は、事務室に隠れてしまい、その後行方が分からなくなり、ほんの数分しか会えなかった。
今回は、そのリベンジでもあったのである。

駅舎に入ろうとすると、すぐに駅舎から「ばす」が出てきた。
今回はかなり(?)写真を撮ってしまった。

Basu11080501

Basu11080502

Basu11080503

Basu11080504

Basu11080505

芦ノ牧温泉駅には約10分程滞在。
9:15過ぎ、芦ノ牧温泉駅を跡にし、次の2つ目の目的でとある駅を訪れることに。
その詳細は・・・、次回に続く。(おい)

次回は、いよいよ最終回である。

2011.10.16

東北旅行記2011(第25回:JR会津若松駅・会津若松神明神社祭礼)

本日2つ目の書き込み。
「東北旅行記2011」の25回目。

8/4(木)、喜多方市内を訪れたあと、国道121号でこの日の宿泊地会津若松へ向かった。
JR会津若松駅前の某ホテルに16:50頃到着。
ホテルにチェックインし、暫く部屋で一服したあと、17:45過ぎに一旦ホテルを出た。
向かった先は、JR会津若松駅。

駅構内に入り、まず目についたのが、この運転状況のお知らせ。

Aizuwakamatsust11080401

訪れた1週間前、会津地方は記録的な集中豪雨に見舞われた。
その影響もあり、JR磐越西線新潟方面は会津若松~喜多方間、JR只見線は会津若松~会津坂下間で折り返し運転となっていた。

発車案内の電光掲示も、いつもと違う。

Aizuwakamatsust11080402

Aizuwakamatsust11080403

その後入場券を購入し、ホームに入場。

まずは、改札口そばにいる、いつもの巨大あかべぇ。(爆)

Akabee11080401

夏ということもあってか、麦わら帽子をかぶり、虫取りかごをかけていたが・・・。(^^;;;

そして2番線ホームへ向かい、18:05発の郡山行きあかべぇ電車を撮影。

Aizuwakamatsust11080404

その後会津若松駅を離れ、歩いて次に向かった先は「神明通り」。
会津若松を訪れたこの日の8月4日は、神明神社の祭礼が毎年行われる日なのであった。

この日に神明神社の祭礼が行われることは、会津若松を訪れるこの日までまったく知らなかった。
喜多方から会津若松へ車で移動している最中、某FM局の交通情報で「神明神社祭礼のため、神明通りが通行止めに・・・」との情報を聞いたことから、初めてそのことを知ったのである。(自爆)
当初の予定には入っていなかったが、この際見に行ってみようと、急きょ思いあたった次第である。(爆)

18:40過ぎ、神明通りに到着。

Shinmeistreet01

見事に歩行者天国となっていた。

神輿が目に入ってしまったので・・・、

Shinmeisairei01

撮ってしまった。(爆)

やがて日が暮れ、神明通りは多くの人達で賑わってきた。

Shinmeistreet02

Shinmeistreet03

その後、神明神社に。境内は多くの人達で大変混んでいた。
境内では、神楽が演じられていた。

Shinmeisairei02

Shinmeisairei03

Shinmeisairei04

そして、神輿担ぎ。

Shinmeisairei05

担がれた神輿は、神明神社境内に入っていった。

まだ祭りも盛り上がっている19:55過ぎ、神明神社を跡にし、そのままゆっくり歩きながらJR会津若松駅前の某ホテルに戻った。

これで5日目終了。
次回からは最終日の内容となる。

2011.10.15

東北旅行記2011(第24回:喜多方市内(あべ食堂・若喜レンガ蔵・喜多方蔵の里))

「東北旅行記2011」、今回でもう24回目。しかし、まだ終わらない。(爆)
ただ、30回までは達しない可能性は高いが・・・。(おい)

米沢市内の林泉寺を訪れ、12:55次の目的地福島県の喜多方へ向けて出発。
国道121号で会津若松方面へ車を走らせ、13:45喜多方市街地の有料駐車場に到着した。

まずは、腹が減っていたこともあったため、喜多方ラーメンを食べることに。
やはり喜多方に来たからには、喜多方ラーメンを食べないわけにはいかない!!

今回も「坂内食堂」でラーメンを食べようと思い、店に向かったが・・・、

Bannaishokudo110804

生憎この日は店が閉められていた。
この日は木曜日で定休日だったのである。

仕方なしに(おい)、別の店を探す。
選んだ店は、去年のGWに訪れた「蔵一番やまぐち」の向かいにある「あべ食堂」。

Abeshokudo01

下が、Shaneが注文した中華そば。

Abeshokudo02

スープは豚骨・煮干しがベースになっている。

ラーメンでお腹を満たした後、駐車場へ戻る途中で「若喜レンガ蔵」に少しだけ立ち寄った。
「若喜レンガ蔵」は登録有形文化財で、店舗(若喜商店)正面の背後に煉瓦の蔵が道沿いに続いている。
ちなみに、入場は無料である。

Wakakirengagura

その後駐車場に戻り、14:25出発。
次に向かった先は、「喜多方蔵の里」。14:30過ぎ到着。

「喜多方蔵の里」は、蔵などを移築し古い町並を再現した民俗資料館である。

Kitakatakuranosato01

以下は数多く撮った写真の中から抜粋。

Kitakatakuranosato02

Kitakatakuranosato03

Kitakatakuranosato04

Kitakatakuranosato05

喜多方市内には約2時間15分程滞在。
16:00、喜多方蔵の里を跡にし、その後この日の宿泊地会津若松へ向かった。
会津若松到着後は・・・、次回に続く。(おい)

より以前の記事一覧