無料ブログはココログ

駅伝

2012.01.03

第88回箱根駅伝復路 東洋大そのまま逃げ切り2年ぶりの総合優勝

昨日に続き、今日第88回箱根駅伝の復路が行なわれた。

2位早稲田大と5分7秒の差をつけた往路優勝の東洋大、その後の復路は・・・、


東洋大、大会新で2年ぶり総合優勝/箱根駅伝


まったく危なげなく終始独走。2年ぶり3度目の総合優勝を果たした。
しかも今回は、復路優勝も果たした完全総合優勝。
更には、復路新記録、総合新記録も樹立した。

今年の東洋大、はっきり言って「強い」の一言である。
ただ今回のこの結果は、Shaneが想像していた以上の結果であった。

襷が中継所に渡るごとに、2位とのタイム差を徐々に広げていった。一時、最大約9分のタイム差をつけた。
更には、10区間中6区間(4・5・6・7・8・10区)で区間賞、しかもうち2区間(5・7区)は区間新記録を樹立。
そして、往路新記録、復路新記録、総合新記録と、すべての大会記録を更新!!

正直ここまでやってくれるとは思っていなかった。
昨年は21秒に泣いた東洋大。今年は、その雪辱を大いに果たした結果となった。

今大会は早稲田大、駒澤大との三つ巴の戦いといわれていた。
しかし往路で5分以上の差がついたことで、ほぼ往路終了時点で決着がついてしまったような感じであったかもしれない。(爆)

2012.01.02

第88回箱根駅伝往路 東洋大往路4連覇!!

今朝8時にスタートした第88回箱根駅伝。

結果は・・・、


東洋大が往路4連覇!柏原は区間新/箱根駅伝


東洋大は2区で首位に立ってからはその後トップを譲らず、4年連続の往路優勝の結果に。
しかも、5分以上の差を縮める往路新記録と、5区柏原が1時間16分代の区間新記録を更新。

往路の時点で、2位早稲田大とは5分以上の差をつけた。
2年ぶりの総合優勝を目指す東洋大にとっては、よっぽどのことがない限りの大きなアドバンテージである。

明日の復路、このまま東洋大が逃げ切りそうな予感である。

2011.12.29

第88回箱根駅伝 東洋大の柏原、やはり今回も・・・ 

Shaneにとって、明日まで仕事である。(爆)
昨日で仕事納めの企業が多かったためか、今朝の東武東上線はいつも以上に空いていた。
そんな光景を見ると、正月が近くなってきたものと改めて実感する。

ところで今日、第88回箱根駅伝に出場する20チームの区間エントリーが発表された。
我が東洋大学、主将でエースの柏原は・・・、

“山の神”柏原は4年連続5区/箱根駅伝

まあ、予想していた通りではあったが。(おい)
やはり柏原は5区でないと面白くない!!

前回は3年連続往路優勝も、6区で早稲田大学に逆転され、その後は終始早稲田大学を追う展開であった。
結果、優勝した早稲田大学とはわずか21秒差の2位。3年連続の総合優勝を逃した。

今年の東洋大学の合言葉は「21秒を削り出せ」。

東洋大学、早稲田大学、駒澤大学の三つ巴の戦いといわれているが、今年は雪辱を期待したいものである。

2011.11.06

第43回全日本大学駅伝 東洋大三冠の夢は・・・

今日、43回目の全日本大学駅伝が行なわれた。

今年度の大学駅伝三冠を目指す我が東洋大学、結果は・・・、


柏原猛追も…東洋2冠ならず/全日本大学駅伝


エース柏原の猛追も及ばず、悔しい2位・・・。

優勝した駒澤大学とは33秒差・・・。

東洋大の大学駅伝三冠の夢はここでなくなった。

来年正月の箱根駅伝は、リベンジを期待したい。

2011.10.15

第88回箱根駅伝予選会 日大が予選落ち・・・

今日、第88回箱根駅伝の予選会が東京都立川市内で行われた。

日大、大東大予選落ち!9校が本大会へ/箱根駅伝予選

なんと、古豪の日大が予選落ち!!
15年ぶりに本大会出場を逃した。

昨年予選落ちした大東大、今年も予選落ち。
伝統校の専修大も予選落ちとなった。

逆に、あがって来たのは、国士舘大と順天堂大。
共に3年ぶりに本大会出場を決めた。

今年の予選会の結果は、下のリンクを参照。

第88回 箱根駅伝予選会総合公式記録

2011.10.10

出雲駅伝 東洋大初優勝

今日の昼過ぎ、たまたま自宅でテレビのスイッチを入れると、出雲駅伝の中継が放送されていた。
途中4区から観ていたが、結果は・・・、

東洋大が初優勝!早大連覇逃す/出雲駅伝

昨年度三冠の早稲田大を破り、初の出雲駅伝制覇である。

次回の全日本大学駅伝も、頑張ってほしいものである。

2011.01.03

第87回箱根駅伝復路 國學院大ゴール100m手前でコースを・・・

そういえば、シード権争いで・・・、

國學院大、コース間違えるも初シード/箱根駅伝

一瞬目が点になった。何で右に曲がろうとしてしまったのか。(^^;

これでシードを逃してしまったら、あの國學院大のアンカーは、相当非難を浴びていたことだろう。(^^;;;

11位の城西大とはわずか3秒差。ギリギリのシード権獲得である。

第87回箱根駅伝復路 東洋大3連覇ならず・・・

1時間ちょっと前に、箱根駅伝が終了した。

21秒及ばず…東洋大3連覇逃す/箱根駅伝

今年は早稲田大の18年ぶりの総合優勝で幕を閉じた。

我が東洋大、往路スタート時の2位早稲田大との時間差27秒は、やはり厳しかったか・・・。
6区山下りで2位の早稲田大に逆転され、その後早稲田大を終始追う展開となってしまった。
7区で1分半近くの差をつけられたが、その後は徐々に差を縮めた。
しかし、あと21秒及ばず・・・。

個人的には、悔やまれる結果である。(爆)

来年は、雪辱を期待したい。

2011.01.02

第87回箱根駅伝往路 東洋大3年連続往路優勝

今年の箱根駅伝往路・・・、

柏原が今年も逆転!東洋大が往路V/箱根駅伝

今年の往路も、やはり柏原であった。

東洋大が小田原中継所でトップと4分以内の差であれば逆転できると思っていたが、今年は3分弱の差。
その時点で、今年も往路優勝できると確信していたが、結果的にその通りとなった。

これで東洋大は3年連続の往路優勝である。

しかし、2位の早稲田大とはわずか27秒差。
この差は、東洋大の3年連続総合優勝を狙うには、正直厳しい時間差である。(爆)
明日の復路はどうなるのか・・・。

第87回箱根駅伝往路 東洋大3区終了時点で・・・

今朝8時にスタートした、第87回箱根駅伝。

我が母校東洋大学は、4区にタスキをつないだ時点で、トップ早稲田大学と2分36秒差・・・。

今のところ7位ではあるが、順位は関係ない。
とにかく、トップとの時間差なのである。

このままのペースで5区につなげば、今年もまた夢が起こるかもしれない。
せめて、トップと4分差以内でつなげたいものである。

さあ、どうなるのか・・・。